gaYa広告

2017年11月11日

チャイティーヨー・パゴダのケーブルカー、年明けから運行!

宗教観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月14日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2017年11月11日に、ミャンマー東部モン州の観光名所仏塔チャイティーヨー・パゴダ(Kyaiktiyo Pagoda/ကျိုက်ထီးရိုးဘုရား)または、ゴールデン・ロック(Golden Rock)で、2017年10月から試験運行を始めていたパゴダのある山を登るケーブルカーの運行が2018年01月に始まる見通しになったと伝えた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

国内初の本格的なケーブルカーは、麓のヤテタウンから標高1,100mの山頂にあるパゴダまでを約10分で結ぶ。

韓国のスカイ・インターナショナル(Sky International)が80%、地場ヤダナ・シュエ・シン・チーが20%を出資する合弁会社スカイ・アジア(Sky Asia)が、モン州政府から50年間の権利を得て、BOT(建設・運営・譲渡)方式で事業を行う。

ケーブルカーの車両はフランスから輸入した43両で、1両約8人を輸送できる。運賃はミャンマー人が2,000チャット(約160円)、外国人が5米ドル(約570円)と、従来のパゴダ行き乗り合いバスよりも安く設定した。

チャイティーヨー・パゴダは、落ちそうで落ちない黄金の岩「ゴールデンロック」が有名で、仏教徒の信仰の対象になっている。

「チャイティーヨー・パゴダ(Kyaiktiyo Pagoda)」の緯度、経度
17°29'00.9"N 97°05'54.3"E
または、
17.483583, 97.098428

2017-07-05---ミャンマーの3大パゴダへの寄付金が増加。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。