on-the-time.jp

2017年11月15日

神鋼工場、発覚後2度目のJIS追加取り消し!

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は、日本工業規格(JIS)の認証機関日本品質保証機構は12017年11月15日に、神戸製鋼所の子会社、神奈川県秦野市にあるコベルコマテリアル銅管の秦野工場のJIS認証を追加で取り消したと発表した。

今回の検査データ改ざん問題では10月に秦野工場の別製品の認証を取り消したのに続く2回目で、秦野工場が生産するすべての製品でJISが使えなくなる。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

今回の取り消しの対象は、断熱性のある素材で銅管を覆った「外面被覆銅管」と呼ばれるもので、水道や燃料などの配管に使われる。

日本品質保証機関は2017年10月から審査を進めた結果、品質管理体制がJISに達していないと判断し、取り消しを決めた。

JISの認証機関は経済産業省の要請を受け、秦野工場を含め神鋼グループの20拠点で調査を進めている。他の拠点でもJISに適合しない製品や品質管理体制が認められる場合には、認証の一時停止や取り消しなどの措置を検討する。

JISの認証を取り消すのは、簡単だが、その取り消された製品を使ったものに対する責任はどうなるのか?

日本の場合は、時々末端までの責任が回避され、使ったものが損をするということがあり、そこらを明確にできないのであれば、日本品質保証機構の無責任が追求されることだろう。

よく、実質的には問題はないなどという言葉を聞くが、非常に無責任で、JIS認証を追加で取り消しと矛盾する。

さらに、日本品質保証機構は検査の機構であり、賠償問題にまでは踏み込まないなどと、ふざけたことを言い出す。

それでは、改善なの期待できない。騙しただけ、利益になる。

合格製品との交換義務なども明確にすべきである。

2017-10-26---神戸製鋼所、JISの認定を取り消された。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。