on-the-time.jp

2017年11月15日

2016年、テロによる世界全体の死者数は減少。

宗教戦争と平和研究調査

イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が、あれだけ話題になった2016年であったが、AFPは、イギリスのシンクタンクIEP(the Institute for Economics and Peace/経済平和研究所)が2017年11月15日に発表した「GTI(Global Terrorism Index/世界テロリズム指数)報告書」で、過激派の攻撃による2016年の死者数は前年に続いて減少した一方、攻撃を受けた国の数は増えたことが明らかになったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

オーストラリアに本部を置くIEPが発表した「GTI報告書」によると、2016年にテロ攻撃で死亡した人は2万5673人で、最も多かった2014年から22%減少した。
特にシリア、パキスタン、アフガニスタンで死者数が大幅に減ったという。

その一方で、死者をともなったテロ攻撃が1回以上あった国は77か国で、GTIが依拠する「グローバル・テロリズム・データベース(Global Terrorism Database)」の集計開始以来の17年間で最多だった。

米国のメリーランド大学(University of Maryland)がまとめる同データベースは、その種のものとしては世界で最も包括的にデータをそろえているとされる。

死者数の減少について、報告書は「前向きな結果」「急進的なイスラム過激派との戦いにおける転換点」と総括している。

つまり、テロに勝ったというのだろうか?
ある視点から見るとそうなるが、別の視点から見ると、大型テロが減り、小型テロが散ったといえ、どこでもが危険にさらされたとも言える。

また、団体主義から、個人主義になった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。