gaYa広告

2017年11月13日

サウジアラビアの砂漠に謎の構造物。

自然超過去

毎日新聞は、サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯に、古代に造られたとみられる用途不明の石の構造物が400近くあることを、オーストラリア人の研究者が米Googleの衛星写真を利用したサービス「Google Earth」を使って確認したと、オーストラリアのメディアなどが2017年11月13日までに伝えた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

UWA(University of Western Australia/ウェストオーストラリア大学)のデービッド・ケネディ(David Kennedy)教授によると、9000〜2千年前に造られたとみられる。古代の火山の溶岩原にあり、地上から見てもよく分からないが、150mほど上空または衛星レベルの高度からだと、門が地面に横たわったように見える長方形だ。長辺が最大約500mに達するものもある。

サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯は、元火山地帯のような痕跡が見られる。

サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯の緯度、経度
25° 0'0.00"N,39°55'0.00"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。