2017年11月10日

Apple Pay Cashは、店での現金として不完全。

モバイル・マネー

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、Apple Pay Cashに、現金としての鎧に割れ目があると言うことを嫌っているが、現実にはまだあると報告した。

すべては、生活のすべての面において新しいテクノロジーを探究することである。

それが、iOS11.2ベータを正しく比較するために、私が、すぐにApple Pay Cashと現金を試すチャンスに飛びついた理由であったと伝えている。

それを使った数日の後に、私は、それが明確に潜在的になったと言うことができる。

しかし、それが店で、現金を支払う時は、Apple Pay Cashがよりよいかもしれないいくつかの方法がある。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

私はどのように仕事への店のApple Pay Cashを予期したか
Apple Pay Cashの背景になったアイデアは、お金、P2P(ピアツーピア)を送受信するためにあなたがそれを使用することである。

そして、あなたは、Apple Payをサポートするどのような小売店とでもそれを使うことができる。

私が、私のApple Payキャッシュカードにロードされたいくつかの資金を持つとすぐに精神でそれがである時に、私はそれを財布の私の主要な支払い方法と取り決める。

そして、私は買い物しに行き、カードにおいて私がロードしたより多く意図的に費やした。

私は、私のApple Payキャッシュカードに別のロードを承認するためにそのトランザクションのために財布が私を促すことを期待した。

それは起こらなかった。

結局、それは、あなたがApple Pay Cashに資金をロードする時に起こることである。

それは、その瞬間のより多くで、どれほど同様なライバル部門せ働くかでもある。

代わりに、POSシステムは、小売店が、私のApple Payキャッシュカード量がロードし、チャージすることができただけ、いくらに私がまだ借金しているかを示した。

支払い、釣り合うように、私は2番目のトランザクションを実行する必要があった。

Apple Payを通じて、それのために私が旧式な方法をしたかもしれない。

あいにく、店のApple Pay Cashを使うことは、まさに、クレジットカードマシンの上で私のiPhoneを振るので、まったく簡単であるわけではなかった。

このような考えでは、ワクワクした楽しいモバイル・マネーは残念ながら、育たない。
そのくせ、使うたびにアップルと、クレジットカード会社に手数料を払い続けることになる。

この考え方は、基本的にアメリカで発達したクレジットカードの延長線上で、結局後退した考え方に過ぎない。

私が、未来のモバイル・マネーは、ワクワクした楽しいものであって欲しい。

例えば、Bitcoinなら、値上がりすれば、人より安く購入できる。
値下がりすれば、現金で購入し、Bitcoinが値上がりするまで待つこともできる。

支払いシステムで、最も犯罪型はつしているクレジットカードから、手数料を要求される関係と手が切れるだけで、喜ぶべきである。

それに、世界中が関心を示しているように、振込手数料が激安である。

さらに重要なことは、Bitcoinを管理するのは、頭脳が要求される。
高齢者のボケ防止にもなる。

まだまだ未開発な部分も多いが、Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payには、全く面白さが欠落して、手数料を要求している。

もう、働きもしないで、手数料を要求するビジネスは拒否したい。

世界中には銀行口座も持っている人より、携帯電話を持っている人の方が多くなった。
彼らに夢を与える支払いシステムは、ケニアのM-PesaとBitcoinしかないだろう。

M-Pesaは、砂漠のど真ん中、携帯電話の通じないところでもお金のやりとりができる。

イタリアのオークションでは、世界で初めて、Bitcoinでビットできるようになった。

インドのエコノミー・タイム(The Economic Times)は2017年10月03日に、インドでは、毎日2500人のBitcoin新規ユーザーが増えていると報告した。

これは多分加速度的に増えていることだろう。

もう、これまでに開発されてきた古臭いモバイル・マネーはいらない。

2017-10-18---世界で初めて、イタリアのオークションがBitcoinでビットできる。
2017-10-03---インドでも、Bitcoinユーザーが毎日約2,500人増え続けている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。