2017年11月13日

地球史に、千葉にある地磁気反転の痕跡が「チバニアン」濃厚。

超過去健康性とメディア

日本経済新聞 電子版は、地球の磁場(地磁気)が反転した痕跡を残す千葉県市原市の地層が、地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代を代表する基準地に認められる見通しとなったことが2017年11月13日に分かったと報告した。

茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームの申請に対し、国際学会IUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)の専門部会で投票が行われ、日本の申請を妥当だと認めた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン(Chibanian)(ラテン語で千葉時代)」の名称がつくことが濃厚になった。

2017年11月10日を期限に専門部会のメンバーによる1次審査の投票を実施した。
日本が60%以上の票を集め、競合するイタリアの2カ所を上回った。今後、3段階の審査を経て正式に決定すれば「千葉時代」の名前がつくことになる。

地質学では気候や生態系の変化に応じ、約46億年の地球の歴史を115の区分で表す。
IUGSが、各時代を代表する地層を1カ所選んで、その年代名を決める。約77万〜12万6千年前の区分については該当する地層がなく、名称が決まっていなかった。

日本チームは2017年6月、千葉県市原市の養老川沿いに露出する「千葉セクション」という地層を申請した。直近の地磁気の逆転が約77万年前に起きた痕跡が残っている。

地球磁場逆転地層の緯度、経度
35°17'39.5"N 140°08'47.5"E

2017-06-07---地質時代に「千葉時代」を申請。
2017-04-06---人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。
2017-03-02---ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か?
2016-06-04---シベリアの『地下社会へのゲートウェイ』
2016-02-17---パキスタンで、「110万年前のステゴドンの牙」発見!
2016-02-17---ネアンデルタール人のDNAは、人類大移動の年表を書き換える。
2016-02-08---私は赤ちゃんを望んでいるけれども、私達のセックス1年あたり2回だけ
2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2016-01-11---もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---
2015-12-17---原始人類は、最終氷期末まで存在か?
2015-10-26---地球の栄養循環にも影響する大型動物の「ふん」激減。
2015-10-26---世界独占記事!1万年前に絶滅した洞窟ライオンを永久凍土層で発見!
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2015-10-02---ミシガンの農夫は、大豆畑で、巨大なマンモスを発掘!
2015-09-10---南アフリカで、新種のヒト属の化石を15体発見!
2015-06-12---科学者はなぜマンモスを再生したいか?
2015-03-30---古代の治療法が、感染を破るキーであるかもしれない。
2015-03-25---遺伝学的に,アダムとイブは,ほとんど出会えなかった。
2015-03-22---科学者は羊毛マンモスのペーストDNAをゾウの遺伝情報に復活できた。
2015-03-22---ネアンデルタール人は最古の装身具の作り手。
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2015-01-22---320万年前の猿人の手と、現在人の手を比較。道具使えた?
2014-10-20---「ホビット」は、人間の歴史を書き直した。
2014-10-19---地球上でのセックスの起源は、正常位(missionary position)ではなかった。
2014-08-20---ネアンデルタールの新しい日付は、歴史を書き直す。
2014-08-07---焼き鳥を最初に食べたのはネアンデルタール人。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-06-20---古代人の顔の特徴は、部族間闘争すれば、するほど速く進化。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-30---研究者は、ネアンデルタールが私たちよりのろまではなかったと言った。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-12-31---2013年は、どのように考古学は見たか?
2013-12-25---2013年の科学および環境ニュース・ハイライト。
2013-12-04---脚骨は、最も古い人間のDNAで、ギブアップした。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-08-19---マンモスを再生することは、科学的にほとんど不可能!
2013-06-10---ホビットと小妖精は、ニュージーランドに観光客を引き寄せる。
2013-05-30---ロシアで、液体の血液を備えたマンモスの死骸を発見!
2013-05-17---氷河時代の北アメリカ、大秘密解明。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2013-02-21---マンモスの歯の化石が、ニューハンプシャー沖で見つけられた。
2013-02-04---ネアンデルタールが、これまでの研究以上に早く消えていた?
2012-11-17---トイレの便座が、家庭で本当にもっとも汚い場所か?
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-08-29---TOTOが排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」を披露!
2012-08-08---考古学者は、世界最古のマッチを発見したと主張!
2012-07-16---暑い夏!だからこそ米国で大ヒット?「氷河時代(Ice Age)」
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2012-06-01---私たちは本当に、マンモスのクローンを見ることができるか?
2012-02-21---ロシアの科学者が、3万1000年前に凍った穴から氷河時代から花を復活。
2011-12-02---ネパール、雌牛糞生物ガス専門知識を外国へ輸出!
2011-11-27---フィリピンの小さな人達は、偉大な野心を持っていた。
2011-06-21---アメリカ大陸で最古の氷河期のアート。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2011-02-07---人類の脳が3万年で、1割縮小していた。
2011-01-18---近畿大のマンモス復活計画が始動。
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2010-12-27---イスラエルの洞穴で、40万歳を歯を発掘した。
2010-11-18---排便人形が今年も大盛況!
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-05-26---大規模動物絶滅が、気候変動や流星、彗星の衝撃ではなく、植物群落の転換?
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。
2010-02-11---グリーンランドの古代人はアジア系だった!?
2009-09-30---観光客の排泄物で、希少なエビが絶滅か?!
2009-09-29---12万年前の地層から、前期旧石器時代の国内最古の旧石器を発掘。
2009-09-24---身長が130cm未満の「小人王国」
2009-08-05---永久凍土は、地球に仕掛けられた破壊の時限爆弾!
2009-06-25---ドイツでまた、約3万5000年前の「フルート」を発掘した。
2009-06-24---初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。
2009-02-12---ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。
2009-02-12---Vindija洞窟のネアンデルタール、3,000,000,000のDNAを配列分析。
2008-06-19---1万1500年前の50年間で、突然気温が20°以上上昇し、氷河期が終わった。
2008-06-09---2つの遺伝学的に異なった巨大なグループの1つがBC4万3,000年頃に絶滅した。
2008-04-15---3万年前のネアンデルタール人の音声再現!
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2008-04-01---国際マンモス保存デー(International Save the Woolly Mammoths Day)
2007-12-29---巨大なマンモスの遺体が、日本に到着!
2007-12-29---3万7000年前の凍った赤ん坊マンモスの遺体が、日本に到着した。
2007-06-14---北米で未知の理由により、次々とマンモスが絶えていった。
2007-02-23---古代インディオ、マンモス、ラクダ、バッファロー、馬を追いかけていた。
2006-12-11---エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。
2006-10-11---マンモスの象牙で作られた人間の彫像はBC2万4,000年頃。
2006-09-20---330万年前に生きていた少女。
2006-09-14---ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。
2006-08-29---ネアンデルタールの遺伝子を継承している人。
2006-03-24---エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。
2005-12-14---BC70万年前の人工火打ち石を発見した。
2005-09-24---BC1万900年ころの磁気を持った金属球が大量に見つかった。
2005-09-23---彗星のように大量の鉄隕石が地球を襲った。
2005-09-01---人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。
2005-06-19---チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。
2005-03-23---火星で収集した石を調査で、時代予測が大きく間違っていることが判明。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2005-02-17---1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。
2004-12-11---BC3万5,000年頃のマンモスの象牙から作られたフルートを発掘した。
2004-11-08---ネアンデルタールの由来討論。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。
2004-03-01---「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。
2004-01-13---Texas Gulf CoastでBC3万6,000年に死んだと考えられるマンモスを発見した。
2003-07-25---中央アラスカでBC1万2,000年頃まではマンモスが生息。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
2002-04-23---頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。
2002-02-00---BC1万1,500年から1万200年頃の人間によるマンモスの屠殺場を発掘した。
2000-11-14---BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。
2000-09-00---アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。
2000-03-28---ネアンデルタールと現代人は7%の違いがあった。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
1999-12-02---マンモス「Jarkov Mammoth」を氷と共に切り出し、掘り出した。
1999-09-30---フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。
1999-02-16---ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。
1999-01-08---北米でBC1万900年頃、マンモスが大量絶滅した。
1998-11-28---BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。
1998-04-28---フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。
1997-12-27---エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。
1997-07-11---ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。
1997-06-13---BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。
1997-05-06---30万年から20万年と推定できる32人分の人骨化石を発見。
1996-12-29---エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。
1996-12-29---BC60万年から25万年に、言語があった。
1996-10-01---ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。
1996-09-00---BC78万年の人類の化石を発見。
1996-05-27---フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。
1995-00-00---マンモスの象牙で作られたドットのサークル模様はBC1万3,000年頃で。
1994-00-00---ネアンデルタールの鼻が不必要なほどに大きいと主張した。
1994-00-00---イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。
1988-10-00---ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。
1988-10-00---スラエルのカバラ洞窟のネアンデルタールが6万年前。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1985-11-00---フランスのセント・セゼールで後期ネアンデルタールの骸骨を発掘。
1985-11-00---ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。
1985-11-00---BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。
1969-07-17---考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。
1961-06-21---アムッド洞で、ネアンデルタールの化石を日本チームが発見した。
1960-09-16---BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。
1944-12-09---最古の骸骨を発見した考古学者リチャード・リーキー博士が生まれた。
1914-00-00---BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。
1909-09-17---フランスのLa Ferrassie, Dordogneでホモ・サピエンスが発見された。
1907-10-02---マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。
1856-08-00---デュッセルドルフの近くで、最初のネアンデルタールが発見された。
-9500-00-00---BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、1.2m未満の背丈。
-4000-00-00---最後のマンモスが、北極圏のWrangel Islandで絶滅した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。