gaYa広告

2017年11月06日

スマホで制作できるVR動画技術を商用化!

アート研究

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月08日に、ETRI(한국전자통신연구원/Electronics and Telecommunications Research Institute/韓国電子通信研究院)は、スマートフォンを使って、360度見渡せる仮想現実(VR)動画を簡単に制作できる技術を商用化したと発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

専用アプリケーションをダウンロードした後、無線でつながったローテーターと呼ばれる小さな台に乗せてスマホを回転させたり、利用者がスマホを直接手に持ったまま左右に180度回転したりして、撮影する。

カメラなどの機材を別途に必要せず、気軽にVR動画の制作できるため、利用者の関心が高まりそうだと伝えている。

不動産物件の紹介や旅行商品の説明など、ビジネスでも活用できるとETRIはみている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告