2017年11月06日

シンガポールの2社、ホテルの洗濯物処理ロボット開発で提携。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月09日に、シンガポールの通信大手スターハブ(StarHub)と防衛・航空機整備大手ST(Singapore Technologies Engineering/シンガポール・テクノロジーズエンジニアリング)の陸上輸送機器部門STキネティクス(ST Kinetics)は、ホテルの客室から出る洗濯物を自動処理するロボットの展開で提携したと発表した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

同ロボット「TUG」は、STキネティクス傘下の米エーソン(Aethon)が開発。汚れたリネン類を客室から集め、収集ポイントまで搬送する。ホテルの客室清掃係が行う同作業には7段階のプロセスがあるが、TUGは無線自動識別(RFID)タグなどを活用することで、リネンを種類別に集めて山積みし、一度に最大635kgを搬送するため、作業が3段階に圧縮される。

スターハブは顧客の生産性向上に向け、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)ソリューションなどを提供する取り組みを行っており、STエンジニアリングとの提携もこの一環であった。

両社は第1弾として、来年からカプリ・バイ・フレイザーズ・チャンギシティー・ポイント(Capri by Fraser - Changi City Point)、フォーポインツ・バイ・シェラトン(Four Points by Sheraton)、グランド・コプソーン・ウオーターフロント(Grand Copthorne Waterfront)の3ヶ所で、実用化する。

2015-07-17---日本のロボットホテルのまわりの5種類のロボット。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト