on-the-time.jp

2017年11月07日

LINE、IoTプラットフォーム、台湾から2018年に出向予定。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは、工商時報からの情報として無料通信アプリ「LINE(ライン)」を台湾で展開する台湾連線(LINE台湾)は、IoT(Internet of Things/モノのインターネット/物聯網)市場に参入する方針を明らかにした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

LINEを利用したIoTプラットフォーム「LINE Things」を、2018年第4四半期(10〜12月)にも発表する見通しにしていると、伝えた。

「LINE Things」では、家電のスイッチや自宅の施錠、自動車の簡易操作などをスマートフォンにインストールしたアプリで行えるようにする。自動車分野では、ガソリンの残量や施錠忘れの指摘のほか、遠隔からの施錠やカーナビの目的地を設定することが可能になるという。

「LINE Things」の開発責任者は、「IoT市場の成長率は毎年17%と高い伸びが見込める」と述べ、潜在成長力に期待を示した。

LINEは近年、通信アプリからの転換を図っており、IoT市場への進出をその足掛かりにしたい考え。ただ現時点ではまだ開発段階にあり、2018年下半期(7〜12月)の動作試験を予定している。

ただし、時々そんなの必要か?と疑いたくなんるものもある。

例えばKIRINの自動販売機に、プリクラ機能が必要か?


マスコミは、面白いとおだてるが----。

ちょこちょこっと使ってぽいっが多そうだね〜

昔、Hone Internetというのも話題になったが、定着しなかった。

とんでもに物が、驚きで受け入れられるかもしれない。

大きな予算が散らばって終わることも多い。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告