on-the-time.jp

2017年11月09日

隕石落下が、数百kmずれていたら…恐竜は、今も君臨?

超過去自然

東北大などは、6600万年前に地球に落ちた巨大隕石(いんせき)の衝突地点が、実際よりもし数百kmずれていれば、恐竜は絶滅せずに現在も繁栄していた可能性があるとする分析結果をイギリスに科学誌サイエンティフィックリポーツ(Scientific Reports)に発表した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

Site of asteroid impact changed the history of life on Earth: the low probability of mass extinction
Kunio Kaiho & Naga Oshima
Scientific Reports 7, Article number: 14855 (2017)
doi:10.1038/s41598-017-14199-x
Download Citation
Climate and Earth system modellingClimate-change impactsEvolutionary theoryPalaeoclimate
Received: 02 May 2017
Accepted: 06 October 2017
Published online: 09 November 2017

巨大隕石(直径約10km)は、6600万年前にメキシコ・ユカタン半島付近に衝突した。恐竜は約2億2000万年前から繁栄を誇っていたが、衝突で地中から放出されたすすや硫酸塩の粒が太陽光を遮り、地球が急激に寒冷化したことによって滅んだ。この時、恐竜とともに翼竜類やアンモナイトなど75%以上の生き物が絶滅したとされる。

すすは、地中の有機物が燃えて発生する。
東北大学地球化学教授海保邦夫(Kunio Kaiho)らは、隕石衝突で発生したすすについて、気象庁のスーパーコンピューターで解析した結果、230〜2300テラグラム(テラは1兆倍)の量が高度1万m以上の成層圏を覆うと、地球の平均気温が8〜11度下がり、恐竜が死滅すると試算した。

さらに、これだけのすすを放出する可能性がある地層が世界にどの程度あるか分析したところ、実際の落下地点を含めて地球の13%しかなかったことを割り出した。

逆に、残る87%のエリアでは直径約10kmの隕石が落ちても恐竜の絶滅は起こらないと考えられるという。その場合は恐竜が現在も繁栄を続けていたと考えられ、今の地球の歴史が変わっていた可能性がある理論づけている。

しかし、これはやはり、たられば理論に過ぎない。

以前、私の教授が、たられば理論で、衝撃的な結論を出しても、何も役立たないので現実を見つめて論文を仕上げないと、認めないと言われたことがあった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。