on-the-time.jp

2017年11月03日

フィリピンは、同族会社の多さで世界11番目、時価総額は25位。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スイスの金融大手クレディ・スイス(Credit Suisse)が発表した報告書で、フィリピンは同族経営による企業が世界で11番目に多いと明らかにした。

財閥が複数の産業に影響力を持つ当地の経済構造が、改めて浮かび上がった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、フィリピンは同族経営の企業数は多い反面、1社当たりの時価総額は25番目と、欧米より低い傾向がみられた。

報告書「ザCSファミリー1000(The CS Family 1000)プロジェクト」は、創業者またはその子孫が20%以上の株式および議決権を持つ企業を同族経営企業と定義。923社を選定し、国・地域別に分類した。

企業数が最も多いのは167社の中国で、2位が121社の米国、3位が108社のインド、4位が70社のフランスだった。以下、香港、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、メキシコ、フィリピンと続き、アジア諸国が全体の6割近くを占めた。

財閥が経済界を牛耳るフィリピンでは、創業家が上場後も一定の影響力を持ち続けるケースが少なくない。

各社がPSE(Philippine Stock Exchange/フィリピン証券取引所)に提出した株主名簿によると、小売り、不動産、金融を手掛けるヘンリー・シー(Henry SY)率いるシー財閥(Sy Corporation)のSMインベストメンツ(SM Investments)では、株主のトップ10リストにハンス・シー(Hans SY)やヘンリー・シーなど一族の7人が並び、保有株式は計46.8%に上る。

セブ・パシフィック(Cebu Pacific Air)や不動産開発RLC(Robinsons Land Corp./ロビンソンズ・ランド)などを子会社に持つゴコンウェイ財閥(Gokongwei Corporation)の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(JG Summit Holdings)では、ゴコンウェイ兄弟財団(Gokongwei Brothers Foundation, Inc.)が株式の27.9%を握る。

これでは、貧富の差は、広がるだけだな〜

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告