2017年11月03日

フィリピンは、同族会社の多さで世界11番目、時価総額は25位。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スイスの金融大手クレディ・スイス(Credit Suisse)が発表した報告書で、フィリピンは同族経営による企業が世界で11番目に多いと明らかにした。

財閥が複数の産業に影響力を持つ当地の経済構造が、改めて浮かび上がった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

また、フィリピンは同族経営の企業数は多い反面、1社当たりの時価総額は25番目と、欧米より低い傾向がみられた。

報告書「ザCSファミリー1000(The CS Family 1000)プロジェクト」は、創業者またはその子孫が20%以上の株式および議決権を持つ企業を同族経営企業と定義。923社を選定し、国・地域別に分類した。

企業数が最も多いのは167社の中国で、2位が121社の米国、3位が108社のインド、4位が70社のフランスだった。以下、香港、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、メキシコ、フィリピンと続き、アジア諸国が全体の6割近くを占めた。

財閥が経済界を牛耳るフィリピンでは、創業家が上場後も一定の影響力を持ち続けるケースが少なくない。

各社がPSE(Philippine Stock Exchange/フィリピン証券取引所)に提出した株主名簿によると、小売り、不動産、金融を手掛けるヘンリー・シー(Henry SY)率いるシー財閥(Sy Corporation)のSMインベストメンツ(SM Investments)では、株主のトップ10リストにハンス・シー(Hans SY)やヘンリー・シーなど一族の7人が並び、保有株式は計46.8%に上る。

セブ・パシフィック(Cebu Pacific Air)や不動産開発RLC(Robinsons Land Corp./ロビンソンズ・ランド)などを子会社に持つゴコンウェイ財閥(Gokongwei Corporation)の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(JG Summit Holdings)では、ゴコンウェイ兄弟財団(Gokongwei Brothers Foundation, Inc.)が株式の27.9%を握る。

これでは、貧富の差は、広がるだけだな〜

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告