2017年10月24日

バンドン高速鉄道、西ジャワ新空港に接続?!

未来観光経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月25日に、ビスニス・インドネシア(Bisnis Indonesia)などが2017年10月24日に、インドネシアのルフット・ ビンサル・パンジャイタン・インドネシア海洋担当調整大臣(H.E. Mr. Luhut Binsar Pandjaitan, Coordinating Minister for Maritime Affairs of the Republic of Indonesia)は、中国が受注した首都ジャカルタ(Jakarta)と西ジャワ州バンドン(Bandung)を結ぶ高速鉄道事業について、西ジャワ州マジャレンカ県で建設が進むクルタジャティ新国際空港(Kertajati International Airport/西ジャワ新国際空港/West Java International Airport)にまで路線を延長する方向で調整を進めていると明らかにしたと伝えたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

2030年までにジャカルタ―バンドン間の交通インフラを整備するプロジェクトの一環として位置づける。

ルフット調整相は「そうすることで建設コストを下げられる」と語った。

バペナス(BAPPENAS/the Ministry of National Development Planning, Republic of Indonesia/インドネシア政府国家開発企画庁)と検討を進めている。
バペナスのバンバン(Bambang Brodjonegoro)長官は「向こう10年間を見通して、両都市圏を結ぶ交通システムは、どのようなものが理想的なのか、じっくり考えていきたい。」と述べた。

ルフット調整相によると、ジョコ・ウィドド( Ir. H. Joko Widodo)大統領はバペナスに対してより具体的な開発計画の策定を指示した。

クルタジャティ新国際空港の敷地面積は1,800ヘクタール。
全長3,000m、幅60mの滑走路が整備され、エアバスA380やボーイング747などの大型旅客機の離着陸が可能になる。
2017年10月時点の工事進捗(しんちょく)率は65%で、来年上半期(1〜6月)の開港を予定している。

西ジャワ州マジャレンカ県で建設が進むクルタジャティ新国際空港の緯度、経度
6°38'59.89"S,108° 9'59.16"E

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト