gaYa広告

2017年10月12日

北朝鮮外交官、密売買天国アフリカで荒稼ぎ!

戦争と平和麻薬とメディア犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は、北朝鮮の朝鮮武術テコンドーの達人で、スパイと言われているキム・ジョンス(Kim Jong-su)について報告した。

キム・ジョンスは2015年に、アフリカ南東部にあるモザンビーク共和国の首都マプトで、南アフリカ共和国に駐在する北朝鮮大使館の参事官と共にクルマで走っているところを警察に停止させられ、身柄を拘束された。
車内には10万ドル(約1120万円)近い現金と、4.5kgのサイの角を積んでいた。

2人は、アフリカ共和国の北朝鮮大使館の介入によりその後、釈放された。
キム・ジョンスは、2016年に南アからひっそりと出国した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

こうした事例は、ジュネーブに本部を置く非政府組織(NGO)「国際組織犯罪対策会議(The Global Initiative Against Transnational Organized Crime)」が発表した新しい報告書「Diplomats and Deceit: North Korea’s Criminal Activities in Africa」にいくつも上がっているという。

報告書の執筆者であるジュリアン・ラドメイヤー(Julian Rademeyer)によれば、1986年以来、外交官がらみのサイの角や象牙の密売買事件29件のうち18件に、北朝鮮の外交官が関与していた。

こうした不法活動のうち、どれだけが個人的な利得目的で、どれだけが北朝鮮の外貨獲得が目的かは明らかではない。2つの目的が重なっている場合もある。

北朝鮮の外交官はあわれなほど薄給だ。90年代半ば、北朝鮮の在ザンビア大使館の職員は祝祭日のパーティーで出す食事を用意するのに近くの川で釣りをするのが常だった。

北朝鮮には外貨獲得を目的とする機関が2つある。「38号室」と「39号室」だ。北朝鮮の外交官および国外で働く者は、合法か違法かを問わず、その収入の多くを国家に差し出すことになっている。上納金は体制への「忠誠心の証」だ。

武器密売から、「スーパーノート」の名で有名な米国のUS$100札偽造などさまざまな不法活動による収入は、年間でUS$10億(約1120億円)に上ると推定されている。

ジュリアン・ラドメイヤーの報告書の中で、ある亡命した「38号室」の職員が、中国に赴任中、よく地元の犯罪組織とアフリカに駐在する北朝鮮外交官を引き合わせたと証言している。
北朝鮮外交官たちは、金(きん)、象牙、サイの角などを売り物として持ち込んでいた。この亡命した職員によると、ジンバブエ駐在のある貿易担当官などは非常な高収入を稼ぎ出し、「2013年と14年には総計UA$20万ドル(約2240万円)の上納金をおさめた」という。

今でも金日成の唱えた主体(チュチェ)思想の学習に励むグループが、アフリカには少なくとも7カ国も存在する。

北朝鮮はサハラ以南の10カ国に大使館を置いている。
国連で自国の主張への支持票を獲得するため、そしておそらくは核開発に必要なウランを買うために、北朝鮮はアフリカ諸国に発電所の建設資金の提供や軍特殊部隊の訓練、無利子借款の供与、武器の売却などを行ってきた。

象牙やサイの角の密売買に詳しいジュリアン・ラドメイヤーは、外交特権が警察による北朝鮮外交官の摘発を困難にしている面があることも認めつつ、「北朝鮮と長年にわたる外交関係を持つアフリカの国々の場合、密輸を事前に防ぐ手立てや断固たる取り締まりを実施する国はほとんどない。自国内で北朝鮮の外交官や大使館が展開する不法活動をいつも見て見ぬふりをする国もある。」という。

ジュリアン・ラドメイヤーの報告書「Diplomats and Deceit: North Korea’s Criminal Activities in Africa」は、米国が中国を丸めこんで北朝鮮への経済制裁を強化させれば、事態はさらに悪化するかもしれないと警告する。合法的な外貨獲得の道を封じられたら、金正恩体制は闇資金への依存をいっそう強めるしかないだけかもしれないと伝えている。

つまり、アメリカが経済制裁をすれば、世界中で犯罪行為による荒稼ぎが増えるだけである。

2017-07-18---屋久島沖で見つかった白い粉はヘロイン70kg。過去最高!
2014-10-17---アフリカからの手紙「Elephant in the room」
2013-08-20---北朝鮮は、驚異に治ると,麻薬を使用!?
2013-01-10---南アフリカでのサイの密猟は、最高レベルに達した。
2009-06-14---北朝鮮の偽US$100札製造技術の精巧さが、新しい疑問を生んでいる。
2005-04-14---偽のダイエット広告が減少

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。