gaYa広告

2017年10月12日

都知事が業務をサボって応援する「金魚のうんこ党」伸びず!

政治

朝日新聞デジタルは2017年10月12日に、衆院選・朝日新聞社情勢調査概況を報告し、「自民」堅調、「希望」伸びず 立憲に勢いと報告した。

朝日新聞社は2017年10月22日投開票の衆院選について、2017年10月10、11の両日、4万人以上の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探ったと報告している。

(1)自民党は単独過半数(233議席)を大きく上回りそうで、小選挙区・比例区とも堅調
(2)希望の党は伸びておらず、代表の小池百合子都知事のおひざ元の東京でも苦戦
(3)立憲民主党は公示前勢力(15議席)の倍増もうかがう勢いなどの情勢になっていることが分かったと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

東京都民は、小池百合子都知事に怒りを感じている。
こんなことで高い給料を都民は小池百合子都知事に払っていない。

「希望」は、小選挙区、比例区ともに追い風が吹いていない。公示前勢力の57議席を上回る可能性はあるが、比例区では小池代表の地盤である東京ブロックでも、立憲と競り合っている状況と報告している。

立憲は、勢いでは希望をしのぐ。比例区では北海道ブロックで自民と、南関東、近畿などのブロックでは希望とほぼ互角の戦いを展開、希望に迫る議席を確保する可能性もあると報告している。

これで、小池百合子都知事の「希望」が勝ったら、何を言いだすかわからない。
それこそ、「私への挨拶は、ハイル!と言いなさい。」と、女ヒットラーになりかねない!
今回で、小池百合子都知事の信用は、地に落ちら!都知事を辞任すべきである!

選挙にも出ていないのに、選挙用放送では、議員をアゴで使うようだ!

あなたは、国政の政治家ではないので、政府を動かす権利はない!動かしてはいけない。

そんな簡単なこともわからない人間が、国政について語るべきではない!

金魚のうんこ党代表なら、蘭鋳のようにケツだけ振って泳いでいなさい。

2017-10-04---メイ英首相の党大会の演説に、コメディアン乱入、セット崩壊!
2017-10-02---細川護熙元首相、小池百合子を「こざかしい!」で断罪。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告