on-the-time.jp

2017年10月05日

伊丹空港で、ドローン?でJAL便が着陸やり直し!

犯罪と裁判

毎日新聞は2017年10月11日に、国土交通省が2017年10月11日に、大阪の伊丹空港(大阪国際空港/Osaka International Airport)で2017年10月05日に誘導路の上空をドローン(小型無人機)とみられる物体が飛行し、日本航空(JAL)の旅客機が着陸をやり直したと発表した。

2015年12月施行の改正航空法で、空港周辺ではドローンの飛行が原則禁止されている。

国交省は同法(飛行の禁止空域)違反の疑いがあるとして、大阪府警と兵庫県警に情報提供した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

国交省によると、2017年10月05日午後5時35分ごろ、羽田行きJAL128便(乗客乗員253人)が離陸のため誘導路を移動中、機長が上空30m付近を東から西に飛んでいる赤っぽいドローンのような物体を発見。無線で管制官に通報した。

無線内容を聞いた、いわて花巻発JAL2186便(同45人)の機長が安全のため着陸をやり直した。

同機は13分遅れで着陸したが、けが人はなく、他の便への影響もなかった。

仮に今回飛行していた物体がドローンなら、改正航空法の施行以降、旅客機の運航に支障を及ぼした初のケースとなる。

国交省は安全に影響を及ぼしかねないとして、ドローン操縦の講習を行うなど関連する団体に操縦者の法令順守の徹底を要請した。
犯人が見つかれば、当然多額の賠償金を請求することになる。

伊丹空港の緯度、経度
34°47'04.0"N 135°26'21.0"E
または、
34.784444, 135.439167

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト