on-the-time.jp

2017年10月10日

タイの「セブン-イレブン」、生ビール販売断念!

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月11日に、タイの新聞「ネーション(Nation/電子版)」からの情報として、タイ大手財閥CP(Charoen Pokphand/チャロン・ポカパン)グループのCPオール(CP All)は2017年10月10日に、運営するコンビニエンスストア「セブン-イレブン」での生ビール販売計画を断念すると明らかにしたと伝えていたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

CPオールは、「セブン-イレブン」18店舗の店頭でビールディスペンサーによる生ビール販売を開始した。これを受け、2017年10月06日には民間2団体が反対の意思をCPオールに通達した。

アルコール飲料の統制当局も法規上の問題がないか検討を進めていた。

当局の担当者は以前、2008年アルコール規制法に接触しないとの見解を示していた。

同法第30条第1項では自動販売機における販売を禁止しているが、ビールディスペンサーによる提供は規制対象外。

調査の結果、ロゴ表記などを定めた第32条にも準拠していたという。

ファミリーマートと流通大手セントラル・グループのタイ合弁会社、セントラル・ファミリーマートも、同時期に「ファミリーマート」における生ビール販売を開始している。民間団体は、9日に販売停止を求めたという。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。