2017年10月09日

フランスで、オオカミに殺される動物は年間1万匹以上。

自然

AFP/Sandra Laffont with Hervé Gavard in Cornus and Julie Pacorel in Prads-Haute-Bléoneは2017年10月10日に、オオカミが再びフランスの山々を歩き回っていると聞いて動物愛護家らは喜ぶかもしれない。一方で、オオカミによるヒツジへの攻撃が増えている事態を受け、農家はオオカミの駆除を主張していると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

2016年にオオカミに殺された動物の数は1万匹を超えるとの当局の発表を受け、フランスのリヨン(Lyon)で2017年10月09日に、通りを埋め尽くすほどのヒツジを連れた大勢の農家が対策強化を求める抗議デモを行った。

オオカミによる攻撃は主にアルプスや南部で発生しており、ヨーロッパで保護の対象となっているタイリクオオカミ(学名:Canis Lupus)を徹底的に擁護する動物愛護活動家らと農家との間で激しい論争が巻き起こっている。

フランスでは、1930年前半に絶滅したとされるまで、オオカミは一般的な存在だった。1990年代初めに再び自然と姿を現し、現在の生息数はおよそ360匹とされる。

そういえば、スイスのジュネーブに向かう途中で、農夫がオオカミを捕まえて飼っていた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告