2017年10月05日

シンガポールで、インダストリー4.0のモデル工場開所!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月09日に、シンガポールのASTAR(Agency for Science, Technology and Research/科学技術研究庁)は2017年10月05日に、中部ブオナビスタ(Buona Vista)の科学技術パーク「ワンノース(one-north)」内のIT・メディア産業集積地フュージョノポリス2(Fusionopolis 2)で、ロボットやITを活用して製造業の生産効率化を図る「インダストリー4.0(Industry 4.0)」のモデル工場を正式に開所した。これにより、中小企業などの新技術導入を支援する。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ASTARのリム・チュアンポー長官は2017年04月に、同庁傘下のSIMTech(Singapore Institute of Manufacturing Technology /シンガポール製造技術研究所)とARTC(Advanced Remanufacturing and Technology Centre/高度再製造・技術センター)のプラントをインダストリー4.0の推進に向けたモデル工場に指定すると発表していた。

今回、6,500平方フィート(約604平方m)に及ぶSIMTechの施設がモデル工場として新たに始動。中小企業などは、機械の作動状況を遠隔で管理できる「MCT製造コントロールタワー(MCT Platform Tower))」と呼ばれるシステムを実地に体験できるほか、新たなソリューションを自社工場に導入する前に同施設の生産ラインで試験することなどが可能になる。

開所式に出席したコー・ポークーン上級国務相(通産・国家開発担当)は「シンガポールは(製造業の)生産基盤や質の高い労働力を備え、アジアの物流ハブとしての地位を確立している。こうしたことから、域内でのインダストリー4.0の推進で主導的な役割を果たし得る」と述べた。

SIMTechはこの日、同様にモデル工場を運営するドイツのブラウンシュワイク工科大学(Technische Universität Braunschweig)と提携することで覚書を締結。SPETA(シンガポール精密エンジニアリング技術協会)やPMAS(シンガポール印刷・メディア協会)などとも、インダストリー4.0の推進に向けた協力で覚書を交わした。

中部ブオナビスタ(Buona Vista)の緯度、経度
1°18'26.4"N 103°47'23.8"E

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告