gaYa広告

2017年10月06日

シリアでIS系組織に参加の息子を支援したフランスの「聖戦の母」に禁錮10年。

戦争と平和性とメディア経済政治宗教麻薬とメディア

AFPは2017年10月07日に、フランスの裁判所は2017年10月06日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」系の戦闘員となった息子を支援する目的でシリアに3回渡航した女性に対し、テロリストの陰謀に関与した罪で禁錮10年の判決を言い渡したと報告した。

裁判所は判決理由として、51歳のクリスティーヌ・リビエール(Christine Riviere)被告のジハード(جهاد‎/jihād/聖戦)への「確かな関与」と、自身の息子を含む戦闘員の花嫁とするために多数のフランス人女性をシリアに渡航させるのを支援したためとしている。

禁錮10年はこの罪状に対する最高刑で、リビエール被告には7年間、仮釈放も認められない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

フランスのメディアでクリスティーヌ・リビエール被告は、イスラム教に改宗した「聖戦の母(Mamie Jihad)」と呼ばれている。

リビエール被告の息子で27歳のタイラー・ビリュス(Tyler Vilus)容疑者は、IS系組織の戦闘に参加するため2012年か13年にシリアに渡ったとされている。

13年と14年に計3回、タイラー・ビリュス容疑者に会いにシリアを訪れたリビエール被告は、IS系組織の戦闘に自身は参加していないと主張しているが、斬首の画像やカラシニコフ(Kalashnikov)銃を手にした自身の写真などをFacebookに投稿している。

クリスティーヌ・リビエール被告の裁判では、被告の別の息子は、自分の母親が「無実の人たちを殺害した」とは信じられない、「母は息子を愛するがゆえにシリアに渡った。戦うためではない。」などと涙ながらに証言した。

フランスでは今回の判決の1週間ほど前にも、同様にイスラム過激派戦闘員の母親が有罪判決を受けている。

43歳のナタリー・ハダディ(Nathalie Haddadi)被告は、シリアでイスラム過激派戦闘員となった息子へ送金していたことから、テロへの資金供与の罪で禁錮2年を言い渡された。
ナタリー・ハダディ被告の息子はシリアで死亡したとみられている。

ナタリー・ハダディ被告の弁護士によると、被告は今回の有罪判決が聖戦に参加するためにシリアに渡った息子を持つフランス人の親たち約2000人にとっての判例とならないよう、上訴する意向だと言われたいる。

今後、このような裁判が何件行われるのだろう。
膨大な若者が、ISに向かった。

2017-09-10---イスラム過激派組織ISの家族には「日本から来た人もいる。」
2017-06-02---子連れで、シリアのIS支配地域に滞在した夫婦に、禁固刑。
2016-03-14---フランスの10代では、少年より多数の少女が、ISに魅せられる。
2015-03-13---ISに行こうとするインドネシアの女性や子どもら16人の身柄拘束。
2015-03-09---行方不明になったシリアに向かった女の子の家族は、警察に謝罪を要求。
2015-03-06---IS関連でTwitterは、約50,000のアカウントがある。
2015-02-23---フランス、シリア渡航計画6人のパスポート没収!
2015-02-21---ISにおびき出される残忍性を楽しむ若い女の子。
2015-02-20---ロンドンから消えた3人のティーンエイジャーの少女。
2015-02-18---IS Raqqaの妻は、闘士と結婚した後に『残忍な』性的暴力に服従していた。
2015-02-15---ISが武器として、レイプ利用をやめさせるために、いくらかかるか?
2015-01-28---オーストラリアのジハード戦士。
2015-01-27---IS(Islamic State/イスラム国家)の戦闘員が、10月以来急増。
2015-01-26---何が、未来に起こったか?
2015-01-12---ナイジェリアで少女の自爆相次ぐが、ボコ・ハラムの強制か!?
2015-01-12---Charlie Hebdoの虐殺容疑者で指名手配の女性は、シリアで生きている。
2015-01-02---イタリア沿岸警備隊は、クルーにより捨てられた450人の移民を救助。
2015-01-01---アンゲラ・メルケルは、ドイツで成長する反イスラムの抗議者を攻撃。
2014-12-25---ローマ法王はクリスマスに、宗教の暴力を非難!
2014-12-08---シリアの内紛で、国連は記録的な人道主義者の援助を訴えた。
2014-11-20---トルコ政府とクルド人当局はYazidi難民で議論している。
2014-11-08---女性は男性のように、人を殺すことができるか?
2014-11-03---トルコのボスポラス海峡で、移住者のボートが転覆し、24人が死亡。
2014-11-03---EUの移住者について、メルケル対キャメロン。
2014-10-11---外国の戦士概算15,000人が、シリアに流れ込む!
2014-09-29---2014年に地中海を密航してきた移住者は、3,000人死亡。
2014-09-24---イラクの忘れられた人々、Yazidi怒り。
2014-07-28---イエメンの「交換結婚(swap marriage)」は、ときどき悲劇を生む。
2014-07-02---フランスの警察は、カレー・キャンプの移住者に移動を強制。
2014-06-21---フランスで、イギリス人の多くの貧乏な顔。
2014-06-20---第2次大戦後初めて、「世界難民の日」に難民5000万人超。
2014-05-30---EUの不法な移住は、何千イタリアへの群になって、波立たせている。
2014-05-29---ニジェールで、幼い花嫁のための大金。
2014-05-28---スペインの飛び地メリリャは、アフリカからの移住者によって襲撃。
2014-05-14---これは、世界一幸運か?それとも不幸か?また、何がポピュラーか?なぜだ!
2014-05-12---イタリアへ移住者ボートが沈んだ!多くが溺れ死んでいる。
2014-05-10---移住者は移住者に、「飢えるので、イタリアへ来ないでください。」と伝えた。
2014-04-09---イタリアは2日間で4000人の難民を救出。
2014-02-28---アフリカの移住者は、スペインの飛び地メリリャに突進してくる。
2014-02-06---イタリアで1日に、1,100人を超える移住者が救出された。
2014-01-22---シリアの難民キャンプ、2012年12から201401月の拡大比較。
2014-01-17---南のスーダンの紛争は、両側で残虐行為があった。
2014-01-14---戦火の南スーダンからの避難フェリーが沈没し、200人死亡。
2013-12-18---イタリア政府は、ランペドゥーサ島への移住者の難民の処理を調査。
2013-12-16---バラー・ハミトの背中にある傷跡。
2013-12-13---難民を助けることを目標とした技術。
2013-11-21---ローマ法王は、中東のクリスチャンの苦境を嘆く。
2013-10-31---技術はどのようにインドの結婚を変更しているか!?
2013-10-21---戦争に破壊されたシリアのポリオ発生恐れ!
2013-10-12---地中海の「墓地」になった。
2013-10-05---ランペドゥーサでのボート沈没で、捜査隊は空から探している。
2013-10-04---フランシス法王は、アッシジのメサケ・シュラインを訪問。
2013-10-03---アフリカからの難民のボートが沈み、少なくとも82人が死んだ。
2013-09-07---2日間でイタリアが、難民700人以上を救出。
2013-09-03---国連難民機関は、200万人以上がシリアから逃げたと言った。
2013-08-19---亡命者を分離するスイスの政策は憤慨を引き寄せた。
2013-07-26---イエメンの幼い花嫁、オンライン苦境嘆願ビデオ。世界中で大爆発!
2012-05-25---虐げられた幼い花嫁から、大富豪になったインドの女性!
2010-04-02---イエメンの強制結婚制度で、13歳少女が性交時の出血で死亡。
2008-08-29---カナダのジャーナリズム女学生、不法入国者がレイプ!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。