on-the-time.jp

2017年10月06日

オーストラリアで、過去最多の覚せい剤原料押収、末端価格で3200億円相当!

麻薬とメディア

AFPは、オーストラリア当局は2017年10月06日に、A$(豪ドル)36億(約3200億円)相当のメタンフェタミン(結晶状覚せい剤)を生成可能な液状エフェドリン(ephe­drine)3.9トンを押収したと発表した。

メタンフェタミン(methamphetamine)は俗に「アイス(ice)」や「クリスタルメス(crystal meth)」「メス(Meth)」とも呼ばれ、依存性が極めて強い薬物である。
エフェドリンは緑茶ペットボトル(Iced tea)の貨物に隠されてタイから密輸されていた。
オーストラリアでのエフェドリン押収量としては過去最多だという。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

オーストラリアはメタンフェタミンの使用者1人当たりの消費量が世界で最も多く、末端価格も急騰していることから、業者からますます格好の密輸先とみなされているという。

法務相マイケル・キーナン(Justice Minister Michael Keenan)によると、過去3週間に警察および国境警備隊が実施した2回の捜査で、やはりタイから密輸された石こう容器入りのメタンフェタミン350kgが押収されているという。

マイケル・キーナンは今回の摘発について、「タイ当局から、シドニー(Sydney)に大量の薬物が密輸された疑いがあるとの情報を受け、連携して一斉捜査に踏み切った」と明かした。

当局は密輸に関わっていたとみられる2人を逮捕したが、国籍は明らかにしていない。政府によると、押収されたエフェドリンからはメタンフェタミン3.6トンが生成可能だという。

こういうのが見つかるというのは、過去に同量のものが持ち込まれたことがあるということだろう。

こんな事件が起こるから、オーストラリアに入国しようとする日本人も疑われる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告