2017年10月06日

オーストラリアで、過去最多の覚せい剤原料押収、末端価格で3200億円相当!

麻薬とメディア

AFPは、オーストラリア当局は2017年10月06日に、A$(豪ドル)36億(約3200億円)相当のメタンフェタミン(結晶状覚せい剤)を生成可能な液状エフェドリン(ephe­drine)3.9トンを押収したと発表した。

メタンフェタミン(methamphetamine)は俗に「アイス(ice)」や「クリスタルメス(crystal meth)」「メス(Meth)」とも呼ばれ、依存性が極めて強い薬物である。
エフェドリンは緑茶ペットボトル(Iced tea)の貨物に隠されてタイから密輸されていた。
オーストラリアでのエフェドリン押収量としては過去最多だという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

オーストラリアはメタンフェタミンの使用者1人当たりの消費量が世界で最も多く、末端価格も急騰していることから、業者からますます格好の密輸先とみなされているという。

法務相マイケル・キーナン(Justice Minister Michael Keenan)によると、過去3週間に警察および国境警備隊が実施した2回の捜査で、やはりタイから密輸された石こう容器入りのメタンフェタミン350kgが押収されているという。

マイケル・キーナンは今回の摘発について、「タイ当局から、シドニー(Sydney)に大量の薬物が密輸された疑いがあるとの情報を受け、連携して一斉捜査に踏み切った」と明かした。

当局は密輸に関わっていたとみられる2人を逮捕したが、国籍は明らかにしていない。政府によると、押収されたエフェドリンからはメタンフェタミン3.6トンが生成可能だという。

こういうのが見つかるというのは、過去に同量のものが持ち込まれたことがあるということだろう。

こんな事件が起こるから、オーストラリアに入国しようとする日本人も疑われる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告