gaYa広告

2017年09月28日

米国のドライブAI、海外初の支社設立!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月02日に、自動運転技術関連のソフトウエアを開発する米国のドライブAI(Drive AI)は2017年09月28日に、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのGrabなどからUS$1,500万(約16億9,000万円)を調達したと発表した。また、海外初の支社をシンガポールに開設することも明らかにしたと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ドライブAIは米国スタンフォード大学(Stanford University)のAI(Artificial Intelligence人工知能)研究者が2015年に立ち上げた新興企業で、事業拡大に向けて資金調達を進めており、2017年06月にUS$5,000万を調達したばかりだった。
これまでに調達した資金はUS$7,700万を超える。

ドライブAIは数カ月以内にシンガポールに支社を設立する予定で、同支社を通じてシンガポールの政府や地場企業と取引する機会を探る。Grabが市場評価を支援するという。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告