on-the-time.jp

2017年09月29日

米国のロッキード、火星有人着陸機の開発プロジェクトを公表。

宇宙未来

AFPは、米国の衛・航空大手のロッキード・マーチン(Lockheed Martin)は2017年9月29日に、火星を周回する母船を拠点にして、水を燃料とし、繰り返し使用できる有人の着陸機の開発プロジェクトを公表したと報告した。

実現は早くて2030年代になるという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ロッキード・マーチンは、「マーズベースキャンプ(Mars Base Camp)」と名付けられた基地の役割を果たす周回機に有人の着陸機を搭載し、火星の地表で繰り返し離着陸させる計画に取り組んでいるという。

ロッキード・マーチンの有人宇宙飛行計画の責任者ロブ・チェンバース(Rob Chambers)はオーストラリアのアデレード(Adelaide)で行われた専門家による国際会議の場で、「(フランスの著名SF作家である)ジュール・ベルヌ(Jules Verne)のようだが、実際はわれわれが過去に飛ばしていた航空機のようなものだ」と、述べた。

ロブ・チェンバースによると最大4人の宇宙飛行士が火星の地表でのミッションに2週間参加可能で、着陸機は水から得られる液体水素を燃料にするという。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。