gaYa広告

2017年09月27日

フランスのボロレ、シンガポールでEVカーシェアを12月に開始。

未来自然

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月28日に、シンガポール政府からEV(electric vehicle/電気自動車)を使ったカー・シェアリング・サービスの全国プロジェクトを受注した仏ボロレ・グループ(Bolloré Group)は2017年09月27日に、同プロジェクトの事業会社「ブルーSG(BlueSG/BlueSingapore)」のオフィスを西部のサイエンス・パーク内に正式に開所した。

併せて2017年12月にシンガポール国内でEVカー・シェアリング・サービスの提供を開始すると発表したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

「ブルーSG」は、EVの充電スタンドを公営住宅(HDBフラット)街に18カ所、中心部の市街地などに10カ所、サイエンス・パークと科学技術パーク「ワンノース」にそれぞれ1カ所の合計30カ所をまず最初に設置し、合計120台分の充電ポイントを備える。

長期的には、充電スタンドを500カ所(計2,000台分)、EVの車両台数を1,000台まで拡大する計画で、同グループとして世界で2番目に大規模なEVのカーシェアリングサービスとなる。

2017年09月27日に開催されたオフィスの開所式には、EDB(Economic Development Board/経済開発庁)のケルビン・ウォン・アシスタント・マネジング・ディレクター(Kelvin Wong, Assistant Managing Director)やLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)の最高技術責任者(CTO)ラム・ウィーシャン(Lam Wee Shann)らが参列。ラム・ウィーシャンは「脱自動車(Car-Lite)政策の実現に向けて、「ブルーSG」のEVカー・シェアリング・サービスは重要な役割を担う」と期待を示した。

ボロレ傘下で「ブルーSG」の親会社ブルー・ソリューションズ(Blue Solutions)の最高経営責任者(CEO)マリー・ボロレ(Marie Bolloré)は「ブルーSGのサービスを通じ、シンガポールの人々に『手ごろ』で『便利』かつ『持続可能』な交通手段を提供していく」と意気込みを示した。

「ブルーSG」は、シンガポールだけでなく、アジア太平洋地域の統括拠点となる。研究開発(R&D)を行う「グローバル・イノベーションセンター(Global innovation center)」も設置する計画だという。

ブルー・ソリューションズは現在、ヨーロッパで4都市と米国で1都市でEVカー・シェアリング・サービスを提供している。年内にはシンガポールのほか、イギリスと米国のそれぞれ1都市でもサービスを開始すると言われている。


このようなサービスは、狭い地域で人口の多い地域が適していることから、シンガポールは最適値と言える。

ただし、これまでの経緯から、フランスの会社が、どれだけ長期、開発とサービスを継続できるかに掛かっている。

私と同様に、フランス人は、新しいことが好きで、飽きっぽいという弱点がある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。