gaYa広告

2017年09月21日

ネアンデルタール人の成長過程は、現生人類と類似!?

超過去

もっとも、ネアンデルタール人に紙おむつは無かっただろうが!

AFPは2017年09月22日に、スペインで発見された初期人類ネアンデルタール(Neanderthal)人の少年の頭蓋骨の分析で、その成長パターンが現生人類の少年と酷似していたことを示唆する結果が得られた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

The growth pattern of Neandertals, reconstructed from a juvenile skeleton from El Sidrón (Spain)
Antonio Rosas,1*†
Luis Ríos,1,2†
Almudena Estalrrich,1,3
Helen Liversidge,4
Antonio García-Tabernero,1
Rosa Huguet,5
Hugo Cardoso,6
Markus Bastir,1
Carles Lalueza-Fox,7
Marco de la Rasilla,8
Christopher Dean9

Article · September 2017 with 27 Reads
DOI: 10.1126/science.aan6463

絶滅したヒト属の一種ネアンデルタール人が現生人類と似た特徴を持っていたことを示す新たな証拠となる。

この希少なネアンデルタール人の子どもの部分骨格は、成人7人と若者5人の骨の化石とともにスペイン・エルシドロン(El Sidron)にある4万9000年前の考古学的遺跡で発見された。

米国の科学誌サイエンス(Science)に発表された研究論文によると、「El Sidron J1」として知られるこの7.7歳の少年に関する今回の研究は、この地域から発見された若年のネアンデルタール人に対する初の学術調査だという。

論文の共同執筆者で、スペイン国立自然科学博物館(National Museum of Natural Sciences)古人類学研究グループに所属するルイス・リオス(Luis Rios)は、記者会見で「このネアンデルタール人で確認されるのは、全体的な成長パターンが現生人類に非常によく似ていることだ」と語ったと伝えている。

論文によると、死亡時の少年はまだ成長途上にあり、脳の大きさは平均的な成人のネアンデルタール人の約87.5%だったという。

現生人類の少年では、この年齢までに脳の重さが成人の約95%に達していると考えられると論文は続けている。

脊柱については、一部が未結合だったことが分析で示された。これと同じ部位の骨は、現生人類ではより若い年齢の4〜6歳で結合する傾向がある。

今回の研究は、人類発達の歴史に新たな光を投げかけている。

ネアンデルタール人は、アフリカ大陸から出現した現生人類とは独立してユーラシア大陸西部で進化したが、両者は多くの共通点を持っている。

儀式の慣習を持ち、壁画制作や死者の埋葬、現生人類との交配などを行っていたとされるネアンデルタール人は、約3万5000年前に絶滅した。

彼らは現生人類よりはるかに大きな頭蓋骨を持っていたことが知られており、脳の容積も現生人類より大きかった可能性がある。

だが、どのようにして脳の大型化に至ったかについては、ほとんど分かっていない。

一つの説は、ネアンデルタール人が現生人類に比べて成長速度が速く、ネアンデルタール人の子どもはより速やかに成人サイズに達したというものだ。

この経路を示唆する過去の研究は、主に歯の手がかりに基づくものだった。

今回の最新研究は、より完全に近い化石標本に基づいている。ネアンデルタール人の少年の骨格化石には、左半身の36%、頭蓋骨の一部および乳歯と永久歯などが含まれていた。

研究チームは少年の骨を分析した結果、単に脳の成長が現生人類より速いのではなく、ネアンデルタール人の成長期が長かった可能性があると考えるに至った。

ルイス・リオスは「より大型の脳を成長させる1つのメカニズムは、成長期の延長と考えられる。」と記者らを前に述べたと伝えている。

このネアンデルタール人の少年がどのようにして死に至ったかは謎であった。

体重26kg、身長1.11mのこの少年は「頑健」で、病気の兆候はみられなかったと研究チームは説明している。

少年の骨には発見地の洞窟にあった他の骨と同じ「痕跡」が残されていた。これまでの別の研究では、ここで食人行為が広く行われていたことが示唆されていた。

しかし、論文の共同執筆者のアントニオ・ローザス(Antonio Rosas)は、AFPの取材に「少年の骨には痕跡がいくつかあるが、死因までは分からない」と話している。

そういえば、A.Word.A.Dayというサイトで、ネアンデルタール(Neanderthal)の由来を解説したことがあった。

2017-06-07---人類の起源の定説覆す化石発見。世界中が大騒ぎ!
2017-04-06---人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。
2017-01-11---ヒヒは、人間そっくりの母音を発声できる!?
2016-11-30---猿人ルーシーは、1日の3分の1以上を樹上で過ごした!?
2016-02-17---ネアンデルタール人のDNAは、人類大移動の年表を書き換える。
2016-02-08---私は赤ちゃんを望んでいるけれども、私達のセックス1年あたり2回だけ
2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2016-01-11---もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---
2015-12-17---原始人類は、最終氷期末まで存在か?
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2015-09-10---南アフリカで、新種のヒト属の化石を15体発見!
2015-03-30---古代の治療法が、感染を破るキーであるかもしれない。
2015-03-25---遺伝学的に,アダムとイブは,ほとんど出会えなかった。
2015-03-22---ネアンデルタール人は最古の装身具の作り手。
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2015-01-22---320万年前の猿人の手と、現在人の手を比較。道具使えた?
2014-10-20---「ホビット」は、人間の歴史を書き直した。
2014-10-19---地球上でのセックスの起源は、正常位(missionary position)ではなかった。
2014-08-20---ネアンデルタールの新しい日付は、歴史を書き直す。
2014-08-07---焼き鳥を最初に食べたのはネアンデルタール人。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-06-20---古代人の顔の特徴は、部族間闘争すれば、するほど速く進化。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-30---研究者は、ネアンデルタールが私たちよりのろまではなかったと言った。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-12-31---2013年は、どのように考古学は見たか?
2013-12-25---2013年の科学および環境ニュース・ハイライト。
2013-12-04---脚骨は、最も古い人間のDNAで、ギブアップした。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-10-17---200万年前に、数人の異なる人類が地球にいたという考えは疑問視された。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-06-10---ホビットと小妖精は、ニュージーランドに観光客を引き寄せる。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2013-02-04---ネアンデルタールが、これまでの研究以上に早く消えていた?
2012-11-17---トイレの便座が、家庭で本当にもっとも汚い場所か?
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-08-29---TOTOが排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」を披露!
2012-08-08---考古学者は、世界最古のマッチを発見したと主張!
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2011-12-02---ネパール、雌牛糞生物ガス専門知識を外国へ輸出!
2011-11-27---フィリピンの小さな人達は、偉大な野心を持っていた。
2011-09-08---化石研究、ねじれた人間の起源物語。
2011-05-09---人類の起源で、大論争をテレビで放送した2人が再会した。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2011-02-07---人類の脳が3万年で、1割縮小していた。
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2010-12-27---イスラエルの洞穴で、40万歳を歯を発掘した。
2010-11-18---排便人形が今年も大盛況!
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。
2009-09-30---観光客の排泄物で、希少なエビが絶滅か?!
2009-09-29---12万年前の地層から、前期旧石器時代の国内最古の旧石器を発掘。
2009-09-24---身長が130cm未満の「小人王国」
2009-06-24---初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。
2009-02-12---ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。
2009-02-12---Vindija洞窟のネアンデルタール、3,000,000,000のDNAを配列分析。
2008-04-15---3万年前のネアンデルタール人の音声再現!
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2006-12-11---エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。
2006-09-20---330万年前に生きていた少女。
2006-09-14---ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。
2006-08-29---ネアンデルタールの遺伝子を継承している人。
2006-03-24---エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。
2005-12-14---BC70万年前の人工火打ち石を発見した。
2005-09-01---人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。
2005-06-19---チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。
2005-03-23---火星で収集した石を調査で、時代予測が大きく間違っていることが判明。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2005-02-17---1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。
2004-11-08---ネアンデルタールの由来討論。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。
2004-03-01---「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
2002-04-23---頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。
2000-11-14---BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。
2000-09-00---アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。
2000-03-28---ネアンデルタールと現代人は7%の違いがあった。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
1999-09-30---フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。
1999-02-16---ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。
1998-11-28---BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。
1998-04-28---フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。
1997-12-27---エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。
1997-07-11---ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。
1997-06-13---BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。
1997-05-06---30万年から20万年と推定できる32人分の人骨化石を発見。
1996-12-29---エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。
1996-12-29---BC60万年から25万年に、言語があった。
1996-10-01---ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。
1996-09-00---BC78万年の人類の化石を発見。
1996-05-27---フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。
1994-00-00---ネアンデルタールの鼻が不必要なほどに大きいと主張した。
1994-00-00---イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。
1988-10-00---ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。
1988-10-00---スラエルのカバラ洞窟のネアンデルタールが6万年前。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1985-11-00---フランスのセント・セゼールで後期ネアンデルタールの骸骨を発掘。
1985-11-00---ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。
1985-11-00---BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。
1969-07-17---考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。
1960-09-16---BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。
1944-12-09---最古の骸骨を発見した考古学者リチャード・リーキー博士が生まれた。
1914-00-00---BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。
1909-09-17---フランスのLa Ferrassie, Dordogneでホモ・サピエンスが発見された。
1907-10-02---マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。
1856-08-00---デュッセルドルフの近くで、最初のネアンデルタールが発見された。
-9500-00-00---BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、1.2m未満の背丈。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告