on-the-time.jp

2017年09月19日

「チビチリガマ」荒らしは、教育してこなかった大人の責任!

戦争と平和

毎日新聞は、太平洋戦争末期の沖縄戦で住民83人が集団自決した沖縄県読谷(よみたん)村の自然壕(ごう)「チビチリガマ」が荒らされた事件で、器物損壊容疑で逮捕された少年たちが、チビチリガマの歴史について「ほとんど知らなかった」などと供述していることが沖縄県警嘉手納署への取材で分かったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

看板や千羽鶴などを壊したとして2017年09月15日に逮捕されたのは、沖縄本島中部に住む16〜19歳の少年4人。
「チビチリガマ」での集団自決の経緯や歴史について、逮捕後「初めて分かった」などと話しているという。

これまでの調べに「心霊スポットに行こうと思った」「肝試しだった」などと話していたが、ほとんどが「悪ふざけだった。」と供述していることも分かった。

少年たちは「チビチリガマで亡くなった人や関係者に謝罪の気持ちでいっぱい」などと反省の言葉も口にしているという。

沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は2017年09月19日に、県庁で記者団に対して「10代の子供たちが何の意味合いもなくガマを荒らしたことは、沖縄の平和に対する思いが若い人たちに伝わっていないという中での出来事なのかと危惧している。とても残念だ」と語った。

「とても残念だ」ではなく、教育してこなかった責任を感じるべくである。

彼らに責任はない

「チビチリガマ」の緯度、経度
26°24'21.9"N 127°43'26.6"E
〒904-0322 沖縄県中頭郡読谷村波平1153

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告