2017年09月14日

全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」はbitFlyerをパートナーベンダーに選定。

モバイル・マネー銀行

bitFlyerは2017年09月14日に、三菱UFJフィナンシャル・ グループの平野信行社長が会長を務める一般社団法人全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして選定されたと報告した。

ブロックチェーンという言葉は、一般化したようだが、Satoshi Nakamotoが開発したBitcoinの中核技術を原型とするデータベースであるブロックチェーン(Blockchain)は、今も進化し、多くのところで独自に開発が進んで、単一のものではなくなってきている。

そして、bitFlyerが独自開発したブロックチェーン「miyabi」を実証実験環境のひとつとして提供し、2017年10月中を目途に、ブロックチェーン連携プラットフォームは稼動を開始する予定にしている。

bitFlyer以外のパートナーベンダーとしては、NTTデータ、日立製作所、富士通が選ばれている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

全国銀行協会としては、「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の整備を通じて、新たな決済・送金サービスやKYC(Know Your Customer/本人確認・取引時確認/顧客確認)、全銀システム、でんさいネットシステム等の金融インフ等のブロックチェーン技術/分散型台帳技術の活用が期待される分野における会員各行等の実用化に向けた検討を支援することにしている。

各種データベースと「miyabi」の違い
改竄不可能性(Immutability)
miyabiは従来のデータベースにはない非常に高いセキュリティーを実現します。
各トランザクション(取引)データをブロックに格納し、そのすべてのデータのHash を次のブロックに格納することで、各データに依存性を持たせています。
ブロックの連鎖によってすべてのトランザクションの整合性が保証されます。これはトランザクションにおけるデータを書き換えた場合に検知が容易であり、データの改竄が事実上不可能であることと同義であると考えています。

ファイナリティー(Finality)
miyabi ではデータが必ず確定するファイナリティーが確保されています。
ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンの大きな問題点として、データがいつまでたっても確定しないことが挙げられます。これは時間が経つにつれて、書き込まれたデータが覆る確率が下がっていくというビットコイン型のブロックチェーン特有の性質です。
miyabi は一度書込まれたデータがなくなることや覆ることがないようにアルゴリズムが作られています。

BFT(Byzantine Faults Tolerance/ビザンチン耐性)
miyabiはビザンチン耐性(BFT)を備えた純然たるブロックチェーンです。
ハードウェアの故障もしくはサーバーのハッキングなどで正しい振る舞いをしないノード(サーバー)をビザンチンノード(ビザンチン障害/Byzantine faults)と呼びます。
ビザンチン耐性を備えたブロックチェーンの場合、ビザンチンノードが一定数以下であれば、システム全体が正常に動き続けます。従来のシステムではビザンチン耐性はありませんでした。故障したサーバーがあれば、システム全体がダウンしてしまいます。それを防ぐために三重系統化などの対策をしますが、ハッキングに対する耐性は完璧ではありません。

SPOF(Single Point of Failure/単一障害点)
miyabiでは認証局は必要としません。認証局は単一障害点となり、認証局への不具合や DDoS 攻撃によりブロックチェーン全体がダウンするリスクがあります。認証局を冗長化させてもSPOT(Single Point of Trust/単一信頼点)であることは変わりません。miyabiでは権限設定は秘密鍵で行うことで、単一障害点・単一信頼点を排除しました。

スマートコントラクト(Smart Contract)
miyabiでは隔離された実行エンジン “理(ことわり)" を提供し、堅牢かつ高速なスマートコントラクトの実行を行います。またエスクロー取引を標準でサポートします。複数の資産の交換を同時に安全に行うことが可能です。タイムスタンプ付きでの契約書も改竄することは不可能です。

災害対策(高可用性)
miyabiは災害に対しても高度な可用性を提供します。災害などによって一部のサーバー(ノード)が欠損しても、すべてのデータは各ノードの保管されており、常に最新の正しいデータを取得することが可能です。
例えば、日本、アメリカ、ヨーロッパなどにサーバーを保持することで大規模災害に対しても柔軟な設計が可能です。

一定時間に処理できる情報量「パフォーマンス(スループット/throughput)」
miyabiでは秒間/2,000トランザクション(上位ハードウェアにより最大秒間 4,000 トランザクション)とファイナリティーを確保したブロックチェーンでは世界一(※ 当社調べ)の性能を誇っています。
従来のブロックチェーンは、処理速度が非常に遅いという課題がありました。
ファイナリティーやBFTを備えつつ、SPOFを排除しながら、高いパフォーマンス(スループット)が得られることに miyabi の技術的優位性があります。

遅延(レイテンシ)
miyabiでは転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる、通信の遅延時間は1から4秒と、他のブロックチェーン製品に比べて短い遅延を実現しております(Ethereumは12秒。ファイナリティーなし)。
ブロックチェーンは分散型データベースの一つです。改竄不可能性、ファイナリティーやビザンチン耐性といった特徴を備えた新しいデータベースに、スマートコントラクトの実行環境などを含んだシステムをブロックチェーンと呼んでいます。ノードやデータがネットワーク上に分散されている以上、スループットや遅延といった処理速度はネットワークスピードに大きく依存します。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。