2017年09月12日

金融庁、仮想通貨に規制か放任かで悩んでいる。

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は、Bitcoin(ビットコイン)に代表される仮想通貨は、決済手段としてだけでなく、投機商品として連日、激しい値動きを見せていると報告した。

揺れているのは価格だけではない。監督官庁として「新しい価値」にどう向き合うのか。金融庁が規制と放任のはざまで対応に苦慮していると伝えている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2017年08月01日夜、Bitcoinが分裂し、新しい通貨「Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)」が誕生した。

関係者には2009年にBitcoinが誕生して以来の「一大転機」と映ったという。

実体験者としては、私はあえて、そこに飛び込んだが、そんな大げさなものではなかった!

金融庁の担当者に「当局としてどう対応するのか」と聞くと、「なかなか難しいですね。事態の推移を見守るしかない。」「それでいいの?」と感じずにはいられなかったという。

2017年04月、改正資金決済法が施行された。マネーロンダリング(資金洗浄)対策と利用者保護を両立するため、先進国と歩調を合わせて規制を整えた。仮想通貨の取引所に登録制を敷き、利用者への情報提供を義務付ける。

取引所は預かったお金と仮想通貨をきちんと分別管理することとし、金融庁の立ち入り検査を通じて取引所の健全性を高めるルールも導入した。

取引所は2017年09月末までに「仮想通貨交換業者」として登録し、認められる必要がある。

だが、2017年08月31日時点で金融庁が認めた取引所はゼロ。

金融庁幹部は「新しい技術を前に慎重にならざるを得ない。通常の登録業とは違う」と戸惑いを隠さない。

今夏には専門チームを立ち上げ、弁護士や会計士も交えて対応しているが、ノウハウがないだけに手探りの状態が続く。

弁護士や会計士に判るか?

「悪質な業者を入れてはいけない。かといって規制を強めれば育成を阻害しかねない。」

バブル崩壊後の不良債権処理をきっかけに、金融庁は「規制」を主業務としてきた。
イノベーション(Innovation)を生む政策にはまだ、肌感覚がなじまないのかもしれない。
いや、イノベーション(Innovation)を生む政策ついていけないというべきだろう。

改正法は仮想通貨そのものに規制を設けたわけではない。仮想通貨を「不特定の者に代価の弁済に利用でき、法定通貨と相互交換できる」「電子的に記録され、移転できる」「法定通貨ではない」と定義づけただけである。

さらに、仮想通貨の市場には、独自の仮想通貨を発行して資金を集める「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」まで登場している。これまでの定義で、これらが当てはまるかどうか、金融庁が判断する。

別の金融庁幹部は「改正法はICOを想定していたわけではない。何でも許せば詐欺まがいの行為が起きかねない」と身構える。

一方で「どこまでモニタリングすれば十分なのか、判断基準もない」。警察庁や消費者庁などと連携し、実態把握に努めるしかないという。

そもそもBitcoinの理念は「管理者不在の通貨システム」。

そこから派生するビジネスは民間主導でどんどん進む。官民がしっかり連携し、柔軟に制度を見直せる下地を整える。

悪質な業者にはためらわず撤退を命じる。

2014年に取引所マウントゴックスで起きた巨額のコイン消失事件のような事態を再び招かないためにはどうすればよいか。

仮想通貨を成長産業に育てることは、金融庁が「処分庁」から「育成庁」へ転換できるかどうかの試験問題でもあると解説している。

しかし、理解する前に、新しい展開が起こっている!のが現状である。

まず最初にするのは、税制改革である。

社会保険庁が失敗した年金制度を補うため、60歳以上の高齢者や障害者は「マル優」として、NISAと同様に非課税制度にすべきである。

そして、それは高齢者や障害者に次世代モバイル・マネーの訓練に利用すべきである。

つまり、NISAのように他人依存ではなく、自己判断を可能に開いた最新の「マル優」である。

これは、高齢者のボケ防止にもなる。
ボケている暇のないマネー・ゲームとして取り入れるのが、未来の金融である。

金融庁や警察庁、消費者庁などの役員も、実際にそこに飛び込んで、実体験して判断すべき時代である。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト