gaYa広告

2017年09月12日

国連が、難民の子ども350万人が学校に行けていないと、資金援助訴え!

教育戦争と平和

AFPは、UNHCR(Office of the United Nations High Commissioner for Refugees/Haut Commissariat des Nations unies pour les réfugiés国連難民高等弁務官事務所)は2017年09月12日に、世界各地で難民となった子どもたちのうち、半数以上に当たるおよそ350万人が学校に通えていない状態であると明らかにした。

同事務所は、難民の子どもたちに対する教育へのさらなる出資と持続的な資金援助を求めている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

UNHCRが発表した報告書によると、UNHCRの支援下にある5〜17歳の難民の子どもたち640万人の中で、昨年の間に1日も学校に通わなかった子どもたちはおよそ350万人に上ったという。

UNHCRのトップを務めるフィリッポ・グランディ(Filippo Grandi)高等弁務官は報告書で、「難民の若者への教育は、受け入れ地域の平和的で持続的な発展、および母国の将来の繁栄に不可欠なものだ!」と訴えた。

またUNHCRは援助国の政府に対し、難民に対する教育への出資金の増額と、「緊急の局面から抜け出した後」の持続的な資金援助に取り組むよう求めた。

グランディ高等弁務官によると、UNHCRの支援下にある難民1720万人の半分は子どもだとも話している。

さて、戦争が終わる前に資金援助して、その金が弾丸に変わる可能性もある。
まず、戦争を終わらせる大人の努力が必要である。

1945-09-15---文部省が「新日本建設ノ教育方針」を公表。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告