2017年09月11日

Bitcoin急落の原因は、また中国。

モバイル・マネー

Bitcoinで最も不愉快なのは、中国が原因で上下することであるが、日本経済新聞 電子版は日経QUICKニュース(NQN)からの情報として、2017年09月11日の週明けに、インターネット上の仮想通貨Bitcoinが急落したと報告した。

しかし、仮想通貨全面安になったのは2017年09月10日で、情報サイトのコインデスクでも、ドル建ての価格は日本時間2017年09月10日午後に一時US$3976前後と、前週8日に付けた直近高値であるUS$4700前後からUS$700以上も下げたと伝えている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

「中国の金融当局が仮想通貨の取引所を当面閉鎖することを決めた。」などと現地メディアが2017年09月08日に伝えたことが売りを加速させた。

報道によると、仮想通貨と人民元の交換を手掛ける取引所が閉鎖の対象になる見通しだという。元建てのビットコイン価格がまず大幅に下落し、ドル建てビットコインの売りに波及したと伝えている。

ZAKER新闻によると、2017年09月08日17:30からすべての通貨種類の取引を一時停止すると伝えている。

それは中国の3大取引所「火币网」、「OKcoin」、「比特币中国」に影響すると報告している。

中国は、2回の大暴落の原因になったが、盛り返している。

中国とロシアは、以前も2013年から2014年にかけて閉鎖したが、結局再開している。

ただし、これはICO全面禁止に対応するためのものであると伝えている。

EthereumやBitcoin Cash(BCC)など他の主要な仮想通貨も大きく下げる場面があった。

一方、下値では押し目待ちの買い手が控えており、売りの勢いを抑えた。その後は買い戻しが優勢となり、11日朝方時点のドル建て価格はUS$4200台で推移している。

時間軸で、どんどん変化するので、はっきりしないが、2017年09月10日16時57分では、
Ether Classic--- -10.72%
Factom--- -12.91%
NEM--- -10.97%
Litecoin--- -10.77%
が10%以上落ちた。

日経新聞の方なら、当然ご存知だと思うので、釈迦に説法になるが、仮想通貨は時間でどんどん変化するので、時間を指定しないで記事を書くと、価格操作になりかねない。

危険性を含んでいる。

しかし、2017年09月11日18時49分現在では、仮想通貨全面高である。

Bitcoin
457805円
+4.28%

Ethereum
32046円
+5.71%

Ether Classic
1660.8円
+5.99%

Lisk
736.78円
+4.92%

Factom
2518.3円
+5.32%

Monero
12269円
+7.96%

Augur
2241.7円
+2.58%

Ripple
23.609円
+9.80%

Zcash
23348円
+8.28%

NEM
28.264円
+5.47%

Litecoin
7329.3円
+7.67%

DASH
34796円
+7.49%

Bitcoin Cash
61446円
+5.70%

2017-09-10---再度。仮想通貨全面安!
2017-09-10---bitFlyerが、現在ビットコイン価格は 463,508 円。
2017-09-09---今朝、Bitcoinが少し揺れたが、再び戻り始めた。
2017-09-08---Bitcoinは、「11月に新たな分裂騒動か!?」
2017-09-07---Bitcoinは、US$1,000落ちても、誰も気にしない世界!
2017-09-07---仮想通貨不正アクセスで被害、今年1〜7月に33件、被害7,650万円。
2017-09-05---Bitcoinは急落後、回復し始めた。
2017-09-04---仮想通貨Bitcoin以外、全て10%以上の大暴落!
2017-09-04---中国のICO全面禁止、仮想通貨下落。
2017-09-03---今日もBitcoinは、忙しい!
2017-09-02---続伸の続いたBitcoin、急ブレーキ!
2017-09-01---日本人主導の「ICO」、手探りで始動。
2017-09-01---「Bitcoin」は、2017年12月31日までに100万円になるか?!
2017-08-30---Bitcoinがレートでも初めて500,000円を超えて、さらに上昇中!
2017-08-29---Bitcoin購入で、500,000円を突破!
2017-08-29---Bitcoinは08月28日に、ぐらっと来たが、戻って、さらに上昇中!
2017-08-28---25日から続いて来たBitcoinの異常なストレスは、13時に切れた!
2017-08-26---Bitcoin高値安定が、限界!?
2017-08-25---Nikkei Styleは、シリーズ「仮想通貨の実相」の連載を開始。
2017-06-29---ICOと呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、資金調達するハイテク新興企業が急増!
2017-06-18---ついに起こった、ビットコイン投資殺人事件!
2014-02-06---ロシア政府当局は、「Bitcoin」を不法と言った。
2014-01-08---中国が規則を強化した後、「Bitcoin」はAlibabaのTaobaoによって禁止された。
2013-12-17---中国は、「Bitcoin」の支払い会社を禁止。
2013-12-15---電子通貨「ビットコイン」 投機性に魅力とリスク 。
2013-12-13---Bitcoinの価格v誇大評価とメディア。
2013-12-10---PayPal社長、Bitcoinの味方で、NFCに懐疑的。
2013-12-07---モバイル・ギャンブルの利用者数、5年間で1億人増える。
2013-12-03---旅行先で余った外貨を「Bitcoin」に交換。
2013-11-29---「Bitcoin」、1か月で約5倍、初のUS$1000を突破。
2013-11-21---世界初、キプロスのニコシア大学、仮想通貨での学費支払いを承認。
2013-11-18---米国上院公聴会で、「ビットコイン」に、否定的な見方をするべきではないと訴えた。
2013-10-30---4年前に買ったBitcoinUS$24(約2400円)が、高騰し、家を購入。
2013-10-01---FBIは、Bitcoinを使った闇市場「シルクロード」を捕らえて、所有者を逮捕。
2013-08-15---Bitcoinのアンドロイド財布には脆弱であると後援者は言った。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。
2013-04-30---ラスベガスがある米国のネバダ州は、合法的なオンライン・ポーカーに着手。
2009-05-13---オンライン・ギャンブルと道徳の戦場が激化。
2008-12-16---オンライン賭博、有罪で罰金US$3億。
2008-06-25---世界エンターテインメントとメディア産業におけるネット世代活動の成長。
2007-11-12---モバイル・カジノ市場は、2012年にUS$50億市場?
2007-11-08---EU貿易担当当局者が米国に対して、ギャンブル法で圧力を加えた。
2007-09-14---サイバー戦国時代のリーダーとして「中国」が現れたと報告した。
2007-01-15---モバイル・ギャンブル市場の2006年から2011年を予測。
2006-06-01---2011年に世界のモバイル・ギャンブル市場がUS$120億と予測した。
2006-05-30---米国にできた10億ドルのエンターテインメント複合体。
2006-01-13---もし、モーツアルトが現代にいたら、ポップ・スターだった!
2005-01-05---米国の2004年第4四半期株式公開 Top 10。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。