2017年09月09日

ルクソールで、古代エジプトの金細工職人の墓発見。

超過去

AFPは2017年09月10日に、エジプト考古省は、古代の神殿や墓が集中する南部ルクソール(Luxor)で、アモン神(Amun)に仕えた金細工職人の墓を発見し、女性1人とその子ども2人のミイラも見つかったと発表した。

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

墓碑銘には「アモン神の金細工職人、アメンエムハト(Amenemhat)」と記され、墓内部には職人が妻と並んで座っている像があり、その間には2人の息子の肖像が描かれているという。

考古省が専門家の話として明らかにしたところによると、ミイラの女性は推定年齢50歳で死亡し、細菌性の骨の病気にかかっていたことが判明した。

調査隊は他にも、木や粘土、石灰石でできた副葬品の彫像150体を発見したと伝えている。

そう言えば、ルクソールの対岸、王家の墓から一山超えたところで、ビール職人の墓を見たが、質素だが職人の仕事が絵で解説されていた。

ドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地の緯度、経度
25°43'15.6"N 32°43'21.3"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告