on-the-time.jp

2017年09月09日

興福寺の国宝阿修羅像の隠された秘密の素顔。

宗教

朝日新聞デジタルは2017年09月09日に、奈良の興福寺にある天平彫刻の傑作と言われる734年作の国宝阿修羅像には正面と左右に顔があり、右の顔は少年が下唇をかんで、何かを悔しがっているようにみえるが、X線CTスキャンの画像を解析した研究チームによると、原型の段階では口を開き、やや穏やかな表情だったことが分かり、完成前に今の表情に変更したとみられると報告した。

2009年に東京と福岡で開催された「国宝 阿修羅展」に合わせCT撮影された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

愛知県立芸術大学彫刻技法史の山崎隆之名誉教授らによるCT撮影された画像を解析の結果、像の内側に残る原型の痕跡は下唇があり、口を少し開いていた。

成形の段階で下唇の部分に木屎漆(こくそうるし)(木粉と漆のペースト)を厚く盛り、上唇だけが残るようにしたらしい。

正面と左の顔の原型も、現在と違ってやや眉をつり上げていたと伝えている。

そう言えば、仏像の彫刻師(仏師)と話した時、木組により、仏像の頭をそくりすげ替えるのを見たことがあり、仏師にとって、それは宗教意識はほとんどなかったのを目の当たりにしたことがあった。

興福寺の国宝阿修羅像は、光明皇后が母の一周忌に建てた西金堂に安置され、他の仏像とともに、「将軍万福」という仏師が制作したと伝わる。「金鼓(金色の鐘)が鳴り響くと、仏たちは悟りに導かれるような思いになった」という経典の記述に基づく群像とされる。

山崎隆之名誉教授は「原型の顔は、金鼓の音に集中した姿ではないか。一方、光明皇后は西金堂完成の数年前、唯一の男の子で皇太子だった『基王』を亡くしている。その心情を、将軍万福が忖度して変更したのかもしれない.」と推論しているが、もちろん根拠はないだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告