on-the-time.jp

2017年09月07日

Bitcoinは、US$1,000落ちても、誰も気にしない世界!

モバイル・マネー

ジェフェリー A. トゥッカー(Jeffrey A. Tucker)はFEE(Foundation for Economic Education/経済教育財団)で、5年前では考えられなかったことだが、48時間でdollar/bitcoinがまるまるUS$1,000落ちた。

しかし、その1日後、半分戻った。

Bitcoinコミュニティでは、これについては、ほとんどまったく議論されなかったと言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

専門のWebサイトの作家でさえ,、それについてヒステリーな状態で、「Bitcoinが死んだ」のは、短期間であった。

それは、最初のbitcoinを受け取った時から、違う世界になっている。

友人は、Bitcoinをペニーで買い、それが2ドルになった時にすべて売った。

その時彼は、財産を成したと言った。

BitcoinがUS$14から、US$30になっとき、明らかにポンジー計画(Ponzi scheme)であるものの前例がないバブルであるかについて、社会的な供給は爆発していた。もっともらしく、価格を防御した。

再びそれが落ちた時に、人々は、どのようなデマのために落ちたかを叫んでいた。
BitcoinがUS$250に達し、再びUS$100に落ちた時に何か類似が起こった。この新しい物が完全なラケットであるという証拠がある。

非常に長い間US$350の価格で安定した、そして結局、US$3,000でピークに達するように、その上昇の行進が始められるように、疑い深さは消失した。

今や、それを全然ほとんど見ない。問題は今日より似ている。どのようにこの市場の一部になるか?

新しいプラットフォームにつけ込み、実に、広大な多くの人々を巻き込み、採掘する新しい、意外なコインであり、新しい通貨で実験をする。全体のセクタの市場キャップは、このライティングが現在、驚きのUS$1700億ドルである。

心に留めなさい。

これすべてが雲(クラウド)ベースに基づくで、分散化された原簿テクノロジー(ledger technology)は、2009年にリリースさればかりである。

価格変動は予期される。フラッシュ衝突もそうである。このセクタに巻き込まれた誰でもこれを知っている。Bitcoinは、日ごとに、より反対にもろくなる。
主要なフォークさえ、そして一つのフォークの見込みさえ、人々を振りまわす。

その間、数千の他のトークンが世の中にあり、Bitcoinの通貨似の機能で、いくつかの象徴的で、直接的な代案および他象徴より広いサービスがEthereumのようなより大きなデジタルの構造と結合した。

「ICO(Initial Coin Release)」のための市場は、ばかばかしいほど調節され、動きが耐えられず妨げられた従来の資本市場を迂回する資本を集めるための方法として爆発した。

これらは、輝かしい時を生きているのである!と言った。

ただし、BitcoinとBitcoin Cashが同時に落ちて、正比例して復活し始めた。

2017-09-07---仮想通貨不正アクセスで被害、今年1〜7月に33件、被害7,650万円。
2017-09-05---Bitcoinは急落後、回復し始めた。
2017-09-04---仮想通貨Bitcoin以外、全て10%以上の大暴落!
2017-09-04---中国のICO全面禁止、仮想通貨下落。
2017-09-03---今日もBitcoinは、忙しい!
2017-09-02---続伸の続いたBitcoin、急ブレーキ!
2017-09-01---日本人主導の「ICO」、手探りで始動。
2017-09-01---「Bitcoin」は、2017年12月31日までに100万円になるか?!
2017-08-30---Bitcoinがレートでも初めて500,000円を超えて、さらに上昇中!
2017-08-29---Bitcoin購入で、500,000円を突破!
2017-08-29---Bitcoinは08月28日に、ぐらっと来たが、戻って、さらに上昇中!
2017-08-28---25日から続いて来たBitcoinの異常なストレスは、13時に切れた!
2017-08-26---Bitcoin高値安定が、限界!?
2017-08-25---Nikkei Styleは、シリーズ「仮想通貨の実相」の連載を開始。
2017-06-29---ICOと呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、資金調達するハイテク新興企業が急増!
2017-06-18---ついに起こった、ビットコイン投資殺人事件!
2014-02-06---ロシア政府当局は、「Bitcoin」を不法と言った。
2014-01-08---中国が規則を強化した後、「Bitcoin」はAlibabaのTaobaoによって禁止された。
2013-12-17---中国は、「Bitcoin」の支払い会社を禁止。
2013-12-15---電子通貨「ビットコイン」 投機性に魅力とリスク 。
2013-12-13---Bitcoinの価格v誇大評価とメディア。
2013-12-10---PayPal社長、Bitcoinの味方で、NFCに懐疑的。
2013-12-07---モバイル・ギャンブルの利用者数、5年間で1億人増える。
2013-12-03---旅行先で余った外貨を「Bitcoin」に交換。
2013-11-29---「Bitcoin」、1か月で約5倍、初のUS$1000を突破。
2013-11-21---世界初、キプロスのニコシア大学、仮想通貨での学費支払いを承認。
2013-11-18---米国上院公聴会で、「ビットコイン」に、否定的な見方をするべきではないと訴えた。
2013-10-30---4年前に買ったBitcoinUS$24(約2400円)が、高騰し、家を購入。
2013-10-01---FBIは、Bitcoinを使った闇市場「シルクロード」を捕らえて、所有者を逮捕。
2013-08-15---Bitcoinのアンドロイド財布には脆弱であると後援者は言った。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。
2013-04-30---ラスベガスがある米国のネバダ州は、合法的なオンライン・ポーカーに着手。
2009-05-13---オンライン・ギャンブルと道徳の戦場が激化。
2008-12-16---オンライン賭博、有罪で罰金US$3億。
2008-06-25---世界エンターテインメントとメディア産業におけるネット世代活動の成長。
2007-11-12---モバイル・カジノ市場は、2012年にUS$50億市場?
2007-11-08---EU貿易担当当局者が米国に対して、ギャンブル法で圧力を加えた。
2007-09-14---サイバー戦国時代のリーダーとして「中国」が現れたと報告した。
2007-01-15---モバイル・ギャンブル市場の2006年から2011年を予測。
2006-06-01---2011年に世界のモバイル・ギャンブル市場がUS$120億と予測した。
2006-05-30---米国にできた10億ドルのエンターテインメント複合体。
2006-01-13---もし、モーツアルトが現代にいたら、ポップ・スターだった!
2005-01-05---米国の2004年第4四半期株式公開 Top 10。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト