2017年09月05日

三井住友銀行、マレーシア現地法人にUS$2.05億増資。

銀行経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月05日に、三井住友銀行は全額出資子会社のマレーシア三井住友銀行(Sumitomo Mitsui Banking Corporation Malaysia Berhad)にUS$2億500万(約222億5,840万円)の資本金増資を実施した。

これにより、マレーシア三井住友銀行の払込済資本金は、これまでの15億7,500万リンギ(約400億8,140万円)から24億5,300万リンギに増加したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

マレーシア三井住友銀行が2011年04月11日に、業務を開始した時の資本金は3億5000万リンギット(約95億円)であった。

増資は、今後の業容拡大を見込み、自己資本のさらなる強化を図ることが目的とし、三井住友銀行は声明で、最重要戦略に位置づけるアジアビジネス強化のために、2011年に設立して7年目を迎えるマレーシア現地法人の自己資本を強化して財務基盤を固めることで、マレーシアでの顧客対応力を一層強化するとしている。

マレーシア三井住友銀行は今年、MIDA(Malaysian Investment Development Authority/マレーシア投資開発庁)、首都圏クランバレー(Klang Valley)への海外企業誘致を推進する政府機関インベストKL(InvestKL )との業務提携を行い、マレーシアへの投資促進に対する取り組みを強めている。

三井住友銀行は、マレーシアのGDP(Gross Domestic Product9国内総生産)成長率が年4〜6%程度を保ち、国内経済が堅調であること、進出日系企業数が約1,400社と多いことを指摘した上で、東南アジアの中でも電気・水道・道路などの基本インフラが整い、英語が活用できる、自然災害が少ないなど、投資先としての魅力も高いと説明している。

さらにマレーシアは、行方不明になった航空機のおかげで、かなり科学力を上げた!

日本国内は、低金利政策で、銀行の先行きは明るくない。

マレーシア三井住友銀行(Sumitomo Mitsui Banking Corporation Malaysia Berhad)の緯度、経度
Level 50&51, Vista Tower, The Intermark, 182, Jalan Tun Razak, 50400 Kuala Lumpur, Malaysia
3°09'41.6"N 101°43'13.7"E

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告