gaYa広告

2017年09月05日

欧州人権裁、勤務中の私用メッセージで解雇は不当と判断!

犯罪と裁判

AFPは、シュトラスブルグ(Strasbourg)のECHR(European Court of Human Rights/Cour européenne des droits de l'homme/欧州人権裁判所)は2017年09月05日に、勤務中に送信した私用メッセージを理由に解雇されたのは不当だとするルーマニア人男性の訴えを支持する判断を示した。

職場におけるプライバシーという問題で広範な影響を及ぼした先の判例を覆す形となったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ほとんど何も仕事をしないで、私用メッセージを送信したのではないだろう。

時々、弁当箱の隅を突くようなことを言い出し、それを権力と間違える人がいる。

38歳の原告のボグダン・ミハイ・バーブレスク(Bogdan Mihai Barbulescu)は、勤務中にヤフー(Yahoo!)のメッセージシステムを利用して私用メッセージを送信したことを理由に2006年に解雇されたのは、プライバシー侵害に当たると訴えていた。

ソフトウエア・エンジニアのボグダン・ミハイ・バーブレスクはクライアントと連絡を取り合う際に、ヤフーのメールシステムの使用を義務付けられていた一方、同時に婚約者や兄弟ともチャットをしていたことが発覚し、解雇された。

ボグダン・ミハイ・バーブレスクは、自身の健康や性生活に関する詳細を含むメッセージが監視されていたことによって、雇用主がプライバシー権を侵害したと主張した。

これに対しECHRは2016年01月、「雇用主が従業員らが勤務時間中に業務を完遂していることを確認したいと考えるのは、不当とはみなし難い。」という判断を出した。

だがボグダン・ミハイ・バーブレスクは、17人の裁判官で構成される大法廷での審理を請求した。

大法廷はこれを受理し、改めて審理していた。

そして今回、大法廷の裁判官らは、原告の上司およびルーマニアの裁判所が「原告の私生活と私信を尊重する権利を適切に保護しなかった」という判断を下した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告