2017年08月30日

古代のヒゲクジラ類、肉食動物のような鋭利な歯があった。

超過去自然

ArtDaily、AFPは2017年08月30日に、ヒゲクジラ類は古代、肉食動物のライオンのように極めて鋭い歯を持っていたとする論文が2017年08月30日に、イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に発表されたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

温和な大型哺乳類として知られる現代のヒゲクジラ類と同じく、かつて歯は餌をろ過して摂食するのに使われていたという定説を覆す発見だと、論文を発表したオーストラリアの研究チームは述べている。

オーストラリアのミュージアム・ビクトリア(Museums Victoria)とモナシュ大学(Monash University)の古生物学者チームは、化石となったヒゲクジラ類と、世界中で標本を収集された現生するヒゲクジラ類を基に、3Dスキャナーによって歯型をデジタルで再現した。すると、ミナミセミクジラやシロナガスクジラの祖先とされる古代のヒゲクジラ類は、現在のヒゲクジラ類と違い、非常に鋭い歯を持っていたことが分かったという。

Ancient whales did not filter feed with their teeth
David P. Hocking1,2,
Felix G. Marx1,2,3,
Erich M. G. Fitzgerald2,4,5 and
Alistair R. Evans1,2

1School of Biological Sciences, Monash University, 8 Innovation Walk, Clayton, Victoria, Australia 2Geosciences, Museums Victoria, Melbourne, Australia
3Directorate of Earth and History of Life, Royal Belgian Institute of Natural Sciences, Brussels, Belgium 4National Museum of Natural History, Smithsonian Institution, Washington, DC, USA
5Department of Life Sciences, Natural History Museum, London, UK

DPH, 0000-0001-6848-1208; FGM, 0000-0002-1029-4001

Cite this article: Hocking DP, Marx FG, Fitzgerald EMG, Evans AR. 2017 Ancient whales did not filter feed with their teeth. Biol. Lett. 13: 20170348. http://dx.doi.org/10.1098/rsbl.2017.0348
Received: 1 June 2017 Accepted: 7 August 2017

ミュージアム・ビクトリア脊椎動物古生物学部門の上級学芸員、エリック・フィッツジェラルド(Erich Fitzgerald)は、「古代のヒゲクジラ類には、獲物の肉をかみ切るという機能を備えた極めて鋭い歯があったことを示す初めての研究結果」だと主張した。

「多くの人々が信じてきた定説とは異なり、ヒゲクジラ類の歯は『こし器』として使われていたわけではなく、おそらく歯が消失してしまった後で、ヒゲクジラ類特有のろ過技術が発達していった。」と説明している。

ミュージアム・ビクトリアとモナシュ大学の主任研究員、デービッド・ホッキング(David Hocking)は、ヒゲクジラ類が進化して餌をこして食べるようになったときに「摂食に関する自らの生態を根底から覆した」ことを、今回の発表は物語っていると述べた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。