gaYa広告

2017年08月25日

東急のベトナム一戸建て事業、1期42戸が完成。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月30日に、東京急行電鉄の現地合弁会社ベカメックス東急(Becamex Tokyu)は、南部ビンズオン省で分譲一戸建てプロジェクト「ミドリ・パーク(Midori Park)」の第1期42戸を完成させ、2017年08月25日には完成を記念して、ミドリ・パークの「街開き」イベントを開催したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ミドリ・パークは敷地40ヘクタールからなり、長期的にはコンドミニアムやビラなど約1万戸を整備する。
第1期は中心価格帯が58億ドン(US$25万5,000/約2,800万円)の25戸と93億ドンの17戸からなり、2016年11月から富裕層をターゲットにした販売を開始した。売れ行きについてベカメックス東急は、「省内の富裕層や外国人を中心に多くの反響があり、予想以上」としている。

26戸からなる第2期の着工も既に開始しており、2017年12月に完成を予定する。

街開きイベントにはビンズオン(Binh Duong)省人民委員会の幹部やミドリ・パークの住宅購入者など約150人が参加し、音楽演奏などが行われた。あいさつに立ったベカメックス東急の坂井洋一郎社長は、「街づくりでは、機能性の向上は当然のこと、文化的な発展も必要不可欠」として、今後もスポーツ振興やゴミ拾い、植樹といった活動を通じて生活しやすい街作りを続ける意欲を語ったと伝えている。

私は個人的に、三菱地所が作った、タイの分譲マンションのような部屋をベトナムに欲しかった。

何しろ、ベトナムの食事が好きで、カンボジアやラオスに近いので、アジアのパリと言われるハノイに部屋が欲しい!

ビンズオン(Binh Duong)省の緯度、経度
11°10'00.0"N 106°40'00.0"E
または、
11.166667, 106.666667

2016-04-24---三菱地所は、タイの分譲マンションを日本向けにも販売。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告