on-the-time.jp

2017年08月26日

パレスチナ自治区ガザ地区で、一夜限りで映画館が復活。

アート政治経済戦争と平和

AFPは2017年08月27日に、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で、30年以上ぶりに映画館での映画上映が一夜限りで行われたと報告した。

この映画館は、ガザ市(Gaza City)に1944年にオープンしたサメルシネマ(Samer Cinema)で、ガザ地区で最も古い映画館だったが1960年代に閉鎖されて以降、放置されていた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

10年前からイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)が実効支配するガザ地区では、約200万人がイスラエルに封鎖された狭い地区内に暮らしているが、現在営業している映画館は一つもない。
一夜限りの映画上映は、ハマスの承認を得て実現した。

蒸し暑い夜に冷房設備のない中での特別上映だったが、2017年08月26日に、映画館では約300人の男女が、性別によって分けられることなく共に映画を観賞した。

上映された映画はイスラエルの刑務所に収監されたパレスチナ人たちを描いた『Ten Years(10年間)』。ガザ地区で撮影され、ボランティアの俳優たちが出演した。

上映会を主催したガーダ・サルミ(Ghada Salmi)によれば、映画はイスラエルとパレスチナの紛争という政治問題に焦点を当てたものではなくヒューマン・ドラマだという。

ガザ地区では5月に、人権問題に焦点を当てた映画作品のイベントが開催され、作品は野外で上映された。また同地区では、ホールを借りて映画が上映されることもある。

パレスチナの映画:必見の映画10(Palestinian Cinema: 10 Must-See Movies From The Territories)
Slingshot Hiphop (2008)
Jenin, Jenin (2002)
Budrus: It take a Village to Unite the Most Divided People on Earth (2010)
Paradise Now (2008)
Like Twenty Impossibles (2003)
Amreeka (2009)
Divine Intervention (2002)
Wedding in Galilee (1987)
When I Saw You (2012)

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。