on-the-time.jp

2017年08月26日

パレスチナ自治区ガザ地区で、一夜限りで映画館が復活。

アート政治経済戦争と平和

AFPは2017年08月27日に、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で、30年以上ぶりに映画館での映画上映が一夜限りで行われたと報告した。

この映画館は、ガザ市(Gaza City)に1944年にオープンしたサメルシネマ(Samer Cinema)で、ガザ地区で最も古い映画館だったが1960年代に閉鎖されて以降、放置されていた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

10年前からイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)が実効支配するガザ地区では、約200万人がイスラエルに封鎖された狭い地区内に暮らしているが、現在営業している映画館は一つもない。
一夜限りの映画上映は、ハマスの承認を得て実現した。

蒸し暑い夜に冷房設備のない中での特別上映だったが、2017年08月26日に、映画館では約300人の男女が、性別によって分けられることなく共に映画を観賞した。

上映された映画はイスラエルの刑務所に収監されたパレスチナ人たちを描いた『Ten Years(10年間)』。ガザ地区で撮影され、ボランティアの俳優たちが出演した。

上映会を主催したガーダ・サルミ(Ghada Salmi)によれば、映画はイスラエルとパレスチナの紛争という政治問題に焦点を当てたものではなくヒューマン・ドラマだという。

ガザ地区では5月に、人権問題に焦点を当てた映画作品のイベントが開催され、作品は野外で上映された。また同地区では、ホールを借りて映画が上映されることもある。

パレスチナの映画:必見の映画10(Palestinian Cinema: 10 Must-See Movies From The Territories)
Slingshot Hiphop (2008)
Jenin, Jenin (2002)
Budrus: It take a Village to Unite the Most Divided People on Earth (2010)
Paradise Now (2008)
Like Twenty Impossibles (2003)
Amreeka (2009)
Divine Intervention (2002)
Wedding in Galilee (1987)
When I Saw You (2012)

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告