2017年08月21日

タイの資産運用会社、投資信託「ASP-ROBOT」を設立。

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月22日に、タイの資産運用会社アセットプラス・ファンド・マネジメント(Asset plus fund management)は、ロボットAI(artificial intelligence/人工知能)を開発、活用する企業に投資する投資信託「ASP-ROBOTアセットプラス・ロボティクス・ファンド(Asset plus robotics fund)」を設立し、2017年08月21日に募集を開始したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

これらの産業の関連企業に投資する投信はタイで初めてのことである。

この投信は、アクサ・インベストメント・マネージャーズ(AXA Investment managers)が運用するロボット・AI投信「アクサ・ワールド・ファンズ・フラムリントン・ロボテック・ファンド(AXA World Funds Framlington Robotech fund)」に投資するファンド・オブ・ファンズ(fund of funds)である。投信の資産規模は30億バーツ(約100億円)を計画しており、最低購入額は5,000バーツになる。

2017年08月21日付のタイの新聞「ネーション(The Nation)」によると、アセットプラス・ファンドのラット(Ratch Sodsatit, Managing Director of Asset)社長は「ロボット、AI産業が2025年まで年率10〜15%のペースで成長する」との米系ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の予測を引用し、新たな投信は高利回りを期待できるとの認識を示した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。