gaYa広告

2017年08月21日

タイの資産運用会社、投資信託「ASP-ROBOT」を設立。

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月22日に、タイの資産運用会社アセットプラス・ファンド・マネジメント(Asset plus fund management)は、ロボットAI(artificial intelligence/人工知能)を開発、活用する企業に投資する投資信託「ASP-ROBOTアセットプラス・ロボティクス・ファンド(Asset plus robotics fund)」を設立し、2017年08月21日に募集を開始したと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

これらの産業の関連企業に投資する投信はタイで初めてのことである。

この投信は、アクサ・インベストメント・マネージャーズ(AXA Investment managers)が運用するロボット・AI投信「アクサ・ワールド・ファンズ・フラムリントン・ロボテック・ファンド(AXA World Funds Framlington Robotech fund)」に投資するファンド・オブ・ファンズ(fund of funds)である。投信の資産規模は30億バーツ(約100億円)を計画しており、最低購入額は5,000バーツになる。

2017年08月21日付のタイの新聞「ネーション(The Nation)」によると、アセットプラス・ファンドのラット(Ratch Sodsatit, Managing Director of Asset)社長は「ロボット、AI産業が2025年まで年率10〜15%のペースで成長する」との米系ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の予測を引用し、新たな投信は高利回りを期待できるとの認識を示した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。