2017年08月16日

チレサウルスは、恐竜進化の「ミッシングリンク(失われた環)」か?

超過去

AFPは2017年08月18日に、チリ南部で13年前に、体の輪郭が肉食恐竜ベロキラプトルによく似た風変わりな草食恐竜「チレサウルス(Chilesaurus)」の化石が発掘された。
この風変わりな草食恐竜は、恐竜の進化の「ミッシングリンク(失われた環/missing-link)」だとする研究結果が2017年08月16日に、発表されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に掲載された論文によると、カンガルーほどの大きさのこの恐竜「チレサウルス」の分類を再評価した今回の研究は、今年発表された新説を補強するものだという。

A dinosaur missing-link? Chilesaurus and the early evolution of ornithischian dinosaurs
Matthew G. Baron,
Paul M. Barrett
Published 16 August 2017.DOI: 10.1098/rsbl.2017.0220

この新説は、長年支持されている恐竜の分類法を書き換える可能性があるとされる。

論文の共同執筆者で、イギリス古生物学会(Palaeontographical Society)の会長を務めるイギリス自然史博物館(Natural History Museum)の研究者ポール・バレット(Paul Barrett)は「チレサウルスが、恐竜の2つの大分類間にある進化の隙間を埋める助けになるのは間違いない.」と話している。

チレサウルスは2015年に初めて世界に公表されたが、その際は草食傾向にもかかわらず、肉食恐竜が属する獣脚類の仲間として扱われた。

獣脚類は俊足のベロキラプトル(Velociraptor/ヴェロキラプトル)や究極の肉食動物ティラノサウルス・レックス(T・レックス/Tyrannosaurus rex)なども含まれる肉食恐竜の亜目である。

だが専門家らは当時から、この分類に違和感があることを認めていた。
専門家の一人は、チレサウルスを「これまでに発見された中で最も奇妙な恐竜」と表現した。

チレサウルスの特徴のうち、直立の姿勢、力強い後肢、短い前肢などはすべて、獣脚類を連想させる。
だが、骨盤の向きが獣脚類とは逆構造で鳥類に似ていることや、歯が植物のみを食べていたことを示す扁平(へんぺい)で木の葉状の形をしていることなどは、恐竜のもう一つの大分類である鳥盤類と共通の特徴を持っていることを示唆していた。

よく知られた鳥盤類恐竜としてはトリケラトプス(Triceratops)や、推定体重3トンで背中に大きな骨板が並び、脳がクルミ大のステゴサウルス(Stegosaurus)などが挙げられる。

ポール・バレットは、AFPの取材に「チレサウルスは当初、獣脚類系統の初期の派生種のように見えたが、植物を食べるためのこれらすべての適応を獲得したとするのは疑わしく思われた。」と語った。

チレサウルスが生息していたのは約1億5000万年前で、少数の獣脚竜が肉食から離れたことが知られているよりもはるか前だとポール・バレットは指摘すると話している。

ポール・バレットとイギリスのケンブリッジ大学(University of Cambridge)のマシュー・バロン(Matthew Baron)は、チレサウルスが恐竜の系統樹のどこに位置づけられるかを確認するために、初期の恐竜の解剖学的特徴を450点以上分析した。そして分析結果は、直観を裏づけるものだった。

「チレサウルスは、草食性の奇妙な初期の獣脚竜ではなく、鳥盤類から分岐した奇妙な草食動物だったことが明確になった」とポール・バレットは述べた。

20世紀の大半を通じて、獣脚類は3つ目の主要な進化系統である竜脚類とより近い類縁関係にあるという点で、専門家らの意見は一致していた。竜脚類には、長い首を持つ恐竜のディプロドクス(genus Diplodocus)やブラキオサウルス(genus Brachiosaurus)などが含まれる。

だが、どっちつかずで得体の知れなかったチレサウルスは、獣脚類に分類される恐ろしい殺し屋たちが実際には、おとなしい鳥盤類の風変わりな恐竜グループとの間により大きな類似性を持っていたことを示している。

この大胆な仮説は、ポール・バレットとマシュー・バロンが3月に他の共同研究者らとともにイギリス科学誌ネイチャー(Nature)に発表した画期的な研究論文の中で提唱されたものである。

「われわれが行った分類の再編成は、鳥盤類と獣脚類をこれまでよりも、はるかに近くに位置づけるもので、新種恐竜チレサウルスはこの関係性を強固につなげる助けとなる。」とポール・バレットは説明する。「これら2つの分類グループにみられる特徴を併せ持つチレサウルスのおかげで、この再編成が正しかったというわれわれの確信はさらに深まっている」と言う。

恐竜が最初に登場したのは約2億2800万年前。
その恐竜の時代の到来からそれほど経っていない約2億2500万年前には、鳥盤類と獣脚類が共通の祖先を持っていたとする説を、今回の最新研究結果は後押ししていると紹介した。

イギリスの2人の権威者が公開した論文は、たとえ間違っていても、正しいことになる。

昔から、こんなことに、何度遭遇したことか!

2015-04-28---草食性のT・レックス?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。