gaYa広告

2017年08月15日

小麦、米、トウモロコシなどの主要農作物の収穫量が減る!?

健康未来食品自然

AFPは2017年08月16日に、これまでに行われた地球温暖化と農業に関する研究70件を再検証した結果として、気候変動によって、小麦、米、トウモロコシなどの主要農作物の収穫量が減るのは避けられないとする研究結果が2017年08月15日に、米国のPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米科学アカデミー紀要)で発表されたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

専門家チームは、さまざまな手法が取られた過去の研究を対象に再検証を行った。

Temperature increase reduces global yields of major crops in four independent estimates
Chuang Zhaoa,1,
Bing Liub,c,d,e,f,1,
Shilong Piaoa,g,h,2,
Xuhui Wanga,
David B. Lobelli,
Yao Huangj,
Mengtian Huanga,
Yitong Yaoa,
Simona Bassuk,
Philippe Ciaisl,
Jean-Louis Durandm,
Joshua Elliottn,o,
Frank Ewertp,q,
Ivan A. Janssensr,
Tao Lis,
Erda Lint,
Qiang Liua,
Pierre Martreu,
Christoph Müllerv,
Shushi Penga,
Josep Peñuelasw,x,
Alex C. Ruaney,o,
Daniel Wallachz,
Tao Wangg,h,
Donghai Wua,
Zhuo Liua,
Yan Zhub,c,d,e,
Zaichun Zhua, and
Senthold Assengf,2
Author Affiliations

aSino-French Institute for Earth System Science, College of Urban and Environmental Sciences, Peking University, Beijing 100871, China;
bNational Engineering and Technology Center for Information Agriculture, Nanjing Agricultural University, Nanjing, Jiangsu 210095, China;
cKey Laboratory for Crop System Analysis and Decision Making, Ministry of Agriculture, Nanjing Agricultural University, Nanjing, Jiangsu 210095;
dJiangsu Key Laboratory for Information Agriculture, Nanjing Agricultural University, Nanjing, Jiangsu 210095;
eJiangsu Collaborative Innovation Center for Modern Crop Production, Nanjing Agricultural University, Nanjing, Jiangsu 210095;
fAgricultural and Biological Engineering Department, University of Florida, Gainesville, FL 32611;
gKey Laboratory of Alpine Ecology and Biodiversity, Institute of Tibetan Plateau Research, Chinese Academy of Sciences, Beijing 100085, China;
hCenter for Excellence in Tibetan Earth Science, Chinese Academy of Sciences, Beijing 100085, China;
iDepartment of Earth System Science Center on Food Security and the Environment, Stanford University, Stanford, CA 94305;
jState Key Laboratory of Vegetation and Environmental Change, Institute of Botany, Chinese Academy of Sciences, Beijing 100093, China;
kDesertification Research Centre, University of Sassari, 07100 Sassari, Italy;
lLaboratoire des Sciences du Climat et de l’Environnement, Le Commissariat à l’Énergie Atomique et aux Énergies Alternatives, CNRS, Université de Versailles Saint-Quentin, Gif-sur-Yvette 91191, France;
mUnité de Recherche Pluridisciplinaire Prairies et Plantes Fourragères, Institut National de la Recherche Agronomique, CS 80006, 86600 Lusignan, France;
nUniversity of Chicago Computation Institute, University of Chicago, Chicago, IL 60637;
oColumbia University Center for Climate Systems Research, Columbia University, New York, NY 10025;
pInstitute of Crop Science and Resource Conservation, University of Bonn, Bonn 53115, Germany;
qLeibniz Centre for Agricultural Landscape Research, 15374 Müncheberg, Germany;
rDepartment of Biology, University of Antwerp, 2610 Wilrijk, Belgium;
sInternational Rice Research Institute, Los Baños, 4031 Laguna, Philippines;
tAgro-Environment and Sustainable Development Institute, Chinese Academy of Agricultural Sciences, Beijing 100081, China;
uUMR Laboratoire d’Ecophysiologie des Plantes sous Stress Environementaux, Institut National de la Recherche Agronomique, Montpellier SupAgro, 34060 Montpellier, France;
vClimate Impacts and Vulnerabilities, Potsdam Institute for Climate Impact Research, 14473 Potsdam, Germany;
wCentre de Recerca Ecològica i Aplicacions Forestals, Cerdanyola del Valles, Barcelona 08193, Catalonia, Spain;
xGlobal Ecology Unit CREAF-CSIC-UAB, Consejo Superior de Investigaciones Científicas, Bellaterra, Barcelona 08193, Catalonia, Spain;
yNational Aeronautics and Space Administration Goddard Institute for Space Studies, New York, NY 10025;
zUMR 1248 Agrosystèmes et Développement Territorial, Institut National de la Recherche Agronomique, 31326 Castanet-Tolosan Cedex, France

Edited by B. L. Turner, Arizona State University, Tempe, AZ, and
approved July 10, 2017 (received for review January 31, 2017)
Published online before print August 15, 2017, doi: 10.1073/pnas.1701762114
PNAS August 15, 2017

これらには、気温の変化が世界的/局地的規模で農作物に与える影響のシミュレーション、天候と収穫量の過去データに基づく統計モデル、人工的に温暖化を発生させる実証実験などが含まれていた。

その結果、「気温上昇が、小麦、米、トウモロコシなどの世界の収穫量に悪影響を及ぼす可能性が高いことが示唆された」という。

論文では「世界の平均気温が1度上昇するごとに、小麦の収穫量が平均6%減少すると推定される。」と指摘された。
米では同3.2%、トウモロコシも同7.4%の減少となるという。一方で、大豆では有意な変化はみられなかった。

人類が生き延びる上で極めて重要なこれら4種の農作物は、人が摂取するカロリーの約3分の2を占める。

研究によると、一部地域では、気温の変化により収穫量の増加が見込めるが、地球規模では減少することが考えられるという。そのため、増え続ける世界人口の食糧供給を確保する上で、温暖化への対策は必須としている。

しかし、品種改良の数値が加わっていないのは、結論が気象に偏りすぎ、作意的で、政治的のようにも感じる。

品種改良の研究は、かなり進化をしている。

特に、人類の多くは、品種改良で生き延びて来たとも言える。
例えば昔の小麦、米、トウモロコシなどは、ほとんど食うことができなかった。

こんなに人口が増えても、まだ人口が増え続けている。

2017-08-02---温暖化でコメや小麦などのタンパク質含有量が低下。
2017-06-22---制裁解除のイランが買い付け、タイ米が3年ぶり高値!
2017-06-14---困った!ジャガイモ作りの根深い課題。
2016-02-14---宇宙の食物作物研究のため、宇宙で収穫した花は、地上に降ろされた。
2013-12-03---稲の収量を増やす遺伝子「SPIKE」を発見。
2013-11-05---フィリピンで、世界初の遺伝子組み換えイネを2016年発売。
2013-02-01---不健康な学校から、より健康な学校へ。
2013-01-10---すべての食物の半分は、「廃棄された。」
2012-12-27---モバイル・マネーが、マラウイで食糧不足を支援!
2012-12-24---おコメの数を増やす遺伝子TAWAWA1を発見!
2012-12-09---なぜ味は、感覚のすべてか。
2012-11-30---パンを60日間腐らせないで食べ続けることができる技術を開発した。
2012-11-17---道徳から言って、なぜ、肉食はよくないのか!?
2012-11-10---デンマークは、高脂肪食品に対するデブ税(abolish tax)を廃止。
2012-10-31---世界規模の温暖化で、バナナはジャガイモと交換できた!
2012-09-24---北朝鮮は、農業改革を導入?
2012-08-30---食品価格が10%ジャンプ!世界銀行が警告した。
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-09---世界の食品価格は極端な天候により7月に上昇。
2012-07-29---将来の食糧:私たちは20年後に何を食べているか?
2012-03-09---2月の中国消費者物価3.2%上昇 0.1ポイント縮小。
2012-02-21---中国政府、生産・流通・調達など対象にした初の食糧法案を起草。
2012-02-19---研究所で培養された、世界初のアーティフィシャル・ハンバーガー。
2012-01-23---食品シンボリズム---われわれはなぜ食品に意味を持たせるか!?
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-20---どうなる中華料理!中国で野菜6週連続上昇!
2011-11-24---中国の農産物6週連続値下がり 豚肉は1割安。
2011-10-18---北朝鮮の食糧不足を評価するため、国連のヴァレリ・エイモスが訪問!
2011-10-04---世界食糧計画は携帯電話で、食糧援助資金を転送!
2011-10-01---デンマークは世界初の食物非健康食品税を導入!
2011-09-24---世界銀行、アフリカの角への干ばつ援助を増加!
2011-08-15---東アフリカ飢饉と戦う新しい「バンド・エイド」を立ち上げた!
2011-07-20---飢饉に直面している避難民に、一時延期はない!
2011-06-22---世界の人口急増!
2011-05-31---DNA(遺伝子)と遺伝調査。
2011-05-30---世界の食品価格は2030年までに倍増する。
2011-05-11---食糧危機の中、食料の3分の1が無駄に廃棄されている!
2011-01-24---欧米で徐々に広がる「昆虫食」は、将来の食料危機を救う?!
2010-08-30---遺伝学者によって、リンゴのDNAが解読された。
2010-08-26---イギリスの科学者は小麦ゲノムのドラフト配列をリリースした。
2010-08-19---干ばつは、10年間の植物成長で衰退を追い立てた。
2010-07-28---偉大なるチーズ!
2010-07-04---日本人早食い王、米国で逮捕!
2010-02-03---世界食糧計画、ブルキナファソで食物商品券をテキスト配信!
2009-11-11---国連機関、世界中で「断食」を要請!
2009-07-22---中国の早生インディカ稲の作柄は良好!
2007-06-08---悲しいG8! 遠のいた地球温暖化問題!!
2005-12-26---新華社の2005年トップ10勢揃い。
2005-08-11---稲の遺伝子地図を完成したと発表した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。