gaYa広告

2017年08月15日

中印(龍虎/龍象)両国軍、ヒマラヤの係争地で小競り合い。

戦争と平和

AFPは2017年08月16日に、中国とインドの国境地帯をめぐる両国の対立がこう着状態に陥る中、両国の軍隊がヒマラヤ山脈(Himalayas)の係争地で小競り合いを起こしていたことが分かったと、インド当局が12017年08月16日に、明らかにしたと報告した。

中印を龍虎というが、ブータンが入ると、ブータンが龍なので、複雑になる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

インドの国防当局者によると、観光地として名高いラダック(Ladakh)地方のパンゴン湖(Pangong Lake/Pangong Tso/སྤང་གོང་མཚོ/पांगोंग त्सो/班公错)付近で2017年08月15日で、中国軍兵士らによる投石があった。

パンゴン湖は、レー(Leh)に向かう道から少し外れるにで行かなかった。

また中国兵が2度にわたってインド領内へと侵入しようとし、インド兵に押し戻されたという。

匿名を条件に取材に応じたこの当局者は、「ささいな出来事があった。中国側から投石があったが、事態はすぐに鎮静化した」と語った。当局者によると、中印両軍がそれぞれの陣地に撤収し、小競り合いは終わったという。

ラダック地方があるインド北部ジャム・カシミール(Jammu and Kashmir)州の警察当局によると、中印両軍が実行支配線(LAC)付近で小競り合いを起こすのは比較的よくあることだという。

一方、中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官はこの件については承知していないとしたものの、「中国の国境部隊は常に中印国境における平和を維持することが義務付けられている」と説明した。
また、「われわれは常に中国側の境界線付近を巡回しており、またインド側には境界線と両国間で定めた関連協定を順守するよう求める。」と語った。

パンゴン湖一帯はチベット高原に位置し、高度は4000mを超える。

標高3,500mのラダックの中心地レーに向かう途中には、多くの柵があり、すべていつでも国境が閉鎖できるようになっているが、高原での国境であり、道が閉鎖されるだけで、国境を越えようとすれば容易である。

ただし、狙撃兵がいつ発砲するかわからないので、道の国境を渡るべきである。

日本が中国ともめると、必ずインドが顔を出してくれる。

第2次世界大戦後、インドのネール(ジャワハルラール・ネール/Jawaharlal Nehru/1889 - 1964)首相が、日本に象インディラをプレゼントしてくれた。

現在も日本企業はインドで多くが活躍し、さらにアフリカ市場開拓基地は、インドにある。
インドの海洋民族タミールはインドネシアからアフリカまで自由に行き来していた。
ポルトガルの探検家バスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama/C1460 - 1524)のインド航路もアフリカからインドまでは、海洋民族タミールがガイドした。
そのため、バスコ・ダ・ガマの墓地は、インドのコーチン(Cochin)にある。

中国は、直接インド洋に出る道を探している。
一時、ミャンマーを通路にしようとして失敗している。

ラダック(Ladakh)地方のパンゴン湖(Pangong Lake/Pangong Tso/སྤང་གོང་མཚོ/पांगोंग त्सो/班公错)の緯度、経度
33°43'04.6"N 78°53'48.5"E
あたは、
33.717942, 78.8968

2017-08-05---中印外交問題で、インド人ボクサー、負けた中国人対戦者にタイトル譲ると申し出。
2017-06-29---ブータン、領土問題で中国に抗議!
2014-11-18---世界で最長の列車旅行は今、中国で始まった。
2014-09-01---ナレンドラ・モディ首相は、日本のビジネスを口説き、即時売却を約束。
2014-08-22---ナレンドラ・モディの東京漂流(Tokyo drift)。
2013-09-15---インドは、中国の都市に到着することができるミサイルを再テストした。
2011-11-08---龍虎貿易、4年で5割増で、US$1000億を突破!?
2011-09-30---中国が支持しているビルマのダム建設を停止!
1983-08-11---インド象インディラが老衰で死亡した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告