gaYa広告

1952年08月13日

アメリカの写真家ハーブ・リッツが生まれた。

人物ファッションアート

ArtDailyは2017年08月13日に、しばしば伝統的なギリシャ彫刻のスタイルにおいて白黒の写真撮影と肖像に集中したアメリカのファッション写真家ハーバート「ハーブ」リッツ(Herbert "Herb" Ritts/1952 - 2002)は、1952年08月13日にカリフォルニア州 ロサンゼルスで(Los Angeles, CA)で、ユダヤ人の家族の家庭で生まれた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

ハーブ・リッツは、有名な俳優、モデルの写真を、もっとも多く撮った。

ハーブ・リッツはHIV陽性であったけれども、特定の肺炎PCP(pneumocystis pneumonia)により、50歳で2002年12月26日に、カリフォルニア州 ロサンゼルスで死去した。

死因は、エイズではなかった。
しかし、結局のところ、彼の免疫系は危険にさらされた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告