gaYa広告

2017年08月14日

対中制裁へ、通商法301条調査を開始!

経済

毎日新聞は2017年08月13日に、米国政府高官は2017年08月12日に、対北朝鮮対応で、苛立っている米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が中国を対象とする米通商法301条(スーパー301条/Section 301 of the Trade Act)に基づく調査の開始を2017年08月14日に指示することを明らかにした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

米国企業が保有する知的財産権の侵害や、中国進出時の技術移転の強制について調べ、「不公正行為」があると判断すれば、中国製品に高関税を課すなどの制裁措置を発動する方針。制裁に向けた手続きを進めることで、中国に北朝鮮への圧力強化を迫る狙いもあるとみられる。

中国が言った、北朝鮮への対応で「100日」の猶予の期限は、北朝鮮「ミサイル4発、日本上空を通過」、グアム沖30〜40kmに着弾させた後に、来る!

これが分かっていて、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)と金正恩(Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は話している。

その前に打てる手は、すべて利用すべきである。

米通商法301条(スーパー301条)とは、1988年包括通商競争力法(Omnibus Foreign Trade and Competitiveness Act)第1302(a),により、1974年通商法に第301条として追加された、 対外制裁に関する条項の一つである。

これは、1989年、1990年にげんていされていたが、1994年03月03日、ビル・クリントン(Bill Clinton)米国大統領は、このスーパー301条手続きとほぼ同等の内容の行政命令を発出した。これは1994年、1995年の2年間の時限措置であったが、その後の改正で1996年、1997年まで延長した。

つまり、かなり柔軟性がある時限措置で、USTR(United States Trade Representative/アメリカ合衆国通商代表部/)に規定の内容が提出される。

2017-08-12---中国の習主席、トランプ大統領に北朝鮮情勢で抑制求めた。
2017-08-09---北朝鮮「ミサイル4発、日本上空を通過」、グアム沖30〜40kmに着弾!?
2017-08-07---米国務長官、「ミサイル計画中止の場合のみ」北朝鮮との対話再開。
2017-08-05---国連安保理、北朝鮮制裁決議として、石炭や鉄などの輸出を全面禁止を採択。
2017-08-01---米国国務長官は、「北朝鮮の体制転換求めない」と、対話呼び掛けた。
2017-07-30---中国の習近平国家主席は、支離滅裂?
2017-07-29---トランプ大統領、中国は北朝鮮に対して「何もしていない」と批判!
2017-07-28---北朝鮮のICBMは、射程1万kmで米国本土届く性能!?
2017-07-04---中国が、北朝鮮のミサイル発射ですべての関係国に「自制」促す!
2017-07-04---北朝鮮!ミサイル発射。
2017-05-22---中国が、北朝鮮に対応で「100日」の猶予求めていた。
2017-05-01---米国大統領、金正恩との会談は「光栄」
2017-04-14---中国外相王毅、北朝鮮をめぐる衝突は「いつでも起こり得る」
2017-04-07---米中首脳、貿易不均衡是正へ100日計画、対北朝鮮で協力強化合意。
2017-03-17---米国国務長官が板門店視察後に、北朝鮮への軍事行動「選択肢のうち」
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2016-12-27---脱北外交官が初会見で、来年は核開発の「絶好のタイミング」と認識。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト