gaYa広告

2017年08月12日

中国の習主席、トランプ大統領に北朝鮮情勢で抑制求めた。

戦争と平和経済

AFPは、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)は2017年08月12日、北朝鮮への強硬姿勢を強めている米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領と電話会談を行い、トランプ大統領に対して、すでに緊迫した状態にある朝鮮半島(Korean Peninsula)の情勢を「悪化」させるような「言動」は避けるべきだと伝えたと、中国の国営メディアが報じたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

中国中央テレビ(CCTV)によれば、習近平主席は「関連国に対して抑制を保ち」「対話と交渉、政治的解決という一般的な方向性を維持する」ように求めた。

バカな言葉の繰り返しで、完全にトランプ大統領をバカにしている。
もし、日本が中国にミサイルの照準を合わせたら、習近平主席はどういうだろう?

習近平主席は2017年07月30日に、内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の朱日和(Zhurihe)訓練基地で行われた人民解放軍の創設90周年を記念する軍事パレードで「侵略してくるあらゆる敵を撃退」する能力を備えた「世界一流の軍隊」を組織しなければならないと演説した。

一方、米ホワイトハウス(White House)は、北朝鮮が米国領グアム(Guam)島周辺に弾道ミサイル4発を発射する計画を明らかにしたことを受け、米軍がグアム島を防衛する「準備はできている。」と発表した。

ホワイトハウスによれば、トランプ大統領はグアムのエディ・カルボ(Eddie Calvo)知事に電話し、米軍が「米国の他の地域と共に、グアムの人々の安全と安心を保障する」すると「確約した」という。

どのように?

中国が言った、北朝鮮への対応で「100日」の猶予の期限は、北朝鮮「ミサイル4発、日本上空を通過」、グアム沖30〜40kmに着弾させた後に、来る!

これが分かっていて、習近平主席と金正恩は話している。

2017-08-09---北朝鮮「ミサイル4発、日本上空を通過」、グアム沖30〜40kmに着弾!?
2017-08-07---米国務長官、「ミサイル計画中止の場合のみ」北朝鮮との対話再開。
2017-08-05---国連安保理、北朝鮮制裁決議として、石炭や鉄などの輸出を全面禁止を採択。
2017-08-01---米国国務長官は、「北朝鮮の体制転換求めない」と、対話呼び掛けた。
2017-07-30---中国の習近平国家主席は、支離滅裂?
2017-07-29---トランプ大統領、中国は北朝鮮に対して「何もしていない」と批判!
2017-07-28---北朝鮮のICBMは、射程1万kmで米国本土届く性能!?
2017-07-04---中国が、北朝鮮のミサイル発射ですべての関係国に「自制」促す!
2017-07-04---北朝鮮!ミサイル発射。
2017-05-22---中国が、北朝鮮に対応で「100日」の猶予求めていた。
2017-05-01---米国大統領、金正恩との会談は「光栄」
2017-04-14---中国外相王毅、北朝鮮をめぐる衝突は「いつでも起こり得る」
2017-04-07---米中首脳、貿易不均衡是正へ100日計画、対北朝鮮で協力強化合意。
2017-03-17---米国国務長官が板門店視察後に、北朝鮮への軍事行動「選択肢のうち」
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2016-12-27---脱北外交官が初会見で、来年は核開発の「絶好のタイミング」と認識。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト