gaYa広告

2017年08月07日

Google、「性差別」文書の社員解雇!

性とメディア

AFPは2017年08月08日に、複数のメディアからとして、Google(グーグル)は2017年08月07日に、IT業界にリーダー的存在の女性が少ないことには「生物学的原因」があると内部文書で主張した男性従業員を解雇したと報じたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ソフトエンジニアの男性は流出した文書の中で、「男性と女性で選好の分布や能力に違いがあることはある程度、生物学的原因に由来するもので、そうした違いがあるためにIT業界およびリーダーとして(男性と)同等の女性の代表者が存在しないことを説明できる可能性がある。」と主張していた。

「女性と男性で、男性は思い込みが強いという違いがあることはある程度、生物学的原因に由来するもので、そうした違いがあるために、突然解雇されることを説明できる可能性がある。」

この文書の存在が明るみに出たことにより、IT業界の性差別的な文化や多様性の欠如についてくすぶってきた議論が再燃。

しかし、男性が解雇されたことで、Google社員の発言の自由が同社のいわゆる「ポリティカル・コレクトネス(偏見や差別を含まない中立的な発言や行動)」により阻害されたのではないかと、新たな論争を巻き起こす展開となっている。

GoogleはAFPの取材に対し「個別の従業員の案件にはコメントできない。」と回答した。

AFPが入手したスンダル・ピチャイ(Sundar Pichai)最高経営責任者(CEO)の従業員宛てメールによると、ピチャイ氏は内部文書に書かれていたことの多くは議論に値するとの考えを示し、社員が自由に発言できる権利を擁護した。

ただ、スンダル・ピチャイは「文書の一部は社の行動規範に抵触しており、職場における有害な性別の固定観念を推進している点で一線を越えている」と指摘した。「同僚の一部が生物学的に仕事により適さない特徴があると示唆することは侮辱的で、容認されることではない」と批判した。

またスンダル・ピチャイは、社の行動規範は「いやがらせ、威圧、偏見、違法な差別のない文化」を作るため社員に最善を尽くすよう求めていると説明している。

インド系アメリカ人のスンダル・ピチャイは、インドのカーストの世界を知らないのだろうか?

From: Sundar

Subject: Our words matter

This has been a very difficult few days. I wanted to provide an update on the memo that was circulated over this past week.

First, let me say that we strongly support the right of Googlers to express themselves, and much of what was in that memo is fair to debate, regardless of whether a vast majority of Googlers disagree with it. However, portions of the memo violate our Code of Conduct and cross the line by advancing harmful gender stereotypes in our workplace. Our job is to build great products for users that make a difference in their lives. To suggest a group of our colleagues have traits that make them less biologically suited to that work is offensive and not OK. It is contrary to our basic values and our Code of Conduct, which expects “each Googler to do their utmost to create a workplace culture that is free of harassment, intimidation, bias and unlawful discrimination.”

The memo has clearly impacted our co-workers, some of whom are hurting and feel judged based on their gender. Our co-workers shouldn’t have to worry that each time they open their mouths to speak in a meeting, they have to prove that they are not like the memo states, being “agreeable” rather than “assertive,” showing a “lower stress tolerance,” or being “neurotic.”

At the same time, there are co-workers who are questioning whether they can safely express their views in the workplace (especially those with a minority viewpoint). They too feel under threat, and that is also not OK. People must feel free to express dissent. So to be clear again, many points raised in the memo — such as the portions criticizing Google’s trainings, questioning the role of ideology in the workplace, and debating whether programs for women and underserved groups are sufficiently open to all — are important topics. The author had a right to express their views on those topics — we encourage an environment in which people can do this and it remains our policy to not take action against anyone for prompting these discussions.

The past few days have been very difficult for many at the company, and we need to find a way to debate issues on which we might disagree — while doing so in line with our Code of Conduct. I’d encourage each of you to make an effort over the coming days to reach out to those who might have different perspectives from your own. I will be doing the same.

I have been on work related travel in Africa and Europe the past couple of weeks and had just started my family vacation here this week. I have decided to return tomorrow as clearly there’s a lot more to discuss as a group — including how we create a more inclusive environment for all.

So please join me, along with members of the leadership team at a town hall on Thursday. Check your calendar soon for details.

— Sundar

2017-08-07---Google社員の「性差別」文書流出!
2017-06-20---不祥事で投資家が圧力!UberのCEO辞任。
2017-06-11---Uber創業者、セクハラ隠蔽など不祥事など様々な問題が明るみに出て、休職?!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。