2017年08月03日

大型よろい恐竜は、大きな困難に直面していた。

自然超過去

AFPは2017年08月04日に、2011年にカナダの鉱山でもの凄く保存状態の良い化石が発見されたが、1億1000万年前に生きていたこの恐竜が当時、大きな困難に直面していた証拠が2017年08月03日に、研究論文で発表された。今回の研究でこの恐竜の正式な学名も決定したと伝えている。

表皮とうろこが化石化して残っていたドラゴンのようなこの恐竜は、ノドサウルス科の新種で、学名は博物館技師のマーク・ミッチェル(Mark Mitchell)にちなんだ「ボレアロペルタ・マークミッチェリ(Borealopelta markmitchelli)」とされた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

マーク・ミッチェルは化石標本の周囲から慎重に岩石を取り除くのに7000時間以上を費やした。5月に初めて一般公開された際にはまだ正式な学名が決まっていなかった。

米国の科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文は、この化石を「よろい竜(曲竜類)の化石としてはこれまでに発見された中で最高の状態を保っており、世界で最も優れた恐竜標本の一つ」と表現している。

An Exceptionally Preserved Three-Dimensional Armored Dinosaur Reveals Insights into Coloration and Cretaceous Predator-Prey Dynamics
Caleb M. Brown6,'Correspondence information about the author Caleb M. BrownEmail the author Caleb M. Brown,
Donald M. Henderson,
Jakob Vinther,
Ian Fletcher,
Ainara Sistiaga,
Jorsua Herrera,
Roger E. Summons
6Lead Contact
Published Online: August 03, 2017
Publication stage: In Press Corrected Proof
Open Access
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2017.06.071


全長5.5mに及ぶこの恐竜は2011年、カナダ・アルバータ(Alberta)州にある石油会社サンコール(Suncor)のミレニアム鉱山(Millennium Mine)で働いていた重機オペレーターのショーン・ファンク(Shawn Funk)さんによって最初に発見された。

完全な個体の推定体重は1300kg以上だが、回収されているのは体の一部で、口先から腰部までの部分だ。骨やその破片からなる大半の恐竜標本とは異なり、この化石は立体で、体を覆ううろこ状の皮膚が残されている。

カナダのカナダアルバータ州ドラムヘラーのミッドランド州立公園内にあるロイヤル・ティレル古生物学博物館(Royal Tyrrell Museum of Palaeontology)などの研究チームが化石の皮膚を調査した結果、この草食恐竜は体中が装甲で覆われ、まるで歩く戦車のようだったにもかかわらず、肉食恐竜の多大な脅威に直面していた可能性が高いことが明らかになった。

それは、ノドサウルスが、迷彩の一種で、動物の体表の日陰になる部分が明るい色に、光の当たる部分が暗い色になる現象「カウンターシェーディング(Countershading)」と言われる、外敵の目をくらます術を用いていたからだ。このカモフラージュ術は、現代の動物の多くも使っている。

研究チームは、この新属新種の恐竜の体色パターンを明らかにするために、うろこに残る有機化合物の化学分析を行った。その結果、表皮は赤褐色の有色素を持ち、全身がカウンターシェーディングになっていたことが分かった。これによって、背の高い肉食恐竜が近づいてきた時に、ノドサウルスは周囲の環境に溶け込みやすかったのではないかと、研究チームは指摘している。

シカ、シマウマ、アルマジロなど、カウンターシェーディングを使う現代の動物の大半は、捕食動物としてははるかに小型で、攻撃に対して弱い。ということは、このノドサウルスは生存を懸けて本当に苦闘していたことが明らかになる。

論文の主執筆者で、ロイヤル・ティレル博物館のケイレブ・ブラウン(Caleb Brown)は「非常に大型で、重厚な装甲をまとった恐竜に対する強力な捕食圧は、白亜紀の肉食恐竜たちがさぞ危険だったに違いないことを浮き彫りにしている。」と述べている。

研究チームは、この恐竜が最後の食事に何を食べたかを明らかにするために、化石として残る消化管内容物を調べるなど、恐竜の生態に関する手がかりを見つけるための研究を続けている。

この恐竜の化石は現在、ロイヤル・ティレル博物館内に展示されている。

カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館(Royal Tyrrell Museum of Palaeontology)の緯度、経度
51°28'45.2"N 112°47'24.5"W

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。