on-the-time.jp

2017年08月02日

中国のIT大手の騰訊の人工知能、共産党を「堕落」「無能」と批判。

未来

毎日新聞は、香港の新聞「明報」は2017年08月02日に、中国のIT大手の騰訊(テンセント/Tencent)が提供するAI(artificial intelligence/人工知能)を活用した対話プログラムがチャットで、共産党を「堕落(corrupt)」「無能(incompetent)」と批判を展開したため、無料で始めたサービスが急きょ停止されたと伝えたと報告した。

NHK Worldで紹介された時、最初は、プログラムは各種のトピックにおいて話すことができて、それがユーザーと対話するので、よりスマートになったと伝えていた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この対話プログラムは、同社のインスタント・メッセンジャー「QQ」に登場した。

利用者が「共産党万歳」と書き込むと「こんなに腐敗して無能な政治に万歳できるのか」と反論した。「あなたにとって(習近平国家主席が掲げる)スローガン『中国の夢』とは何?」との問い掛けには「米国への移住」と答えたという。

AIの反応は、多くの注意を引きつけた後、閉鎖された。

Twitterの中国のバージョンWeiboのユーザーは、AIの崩御についての悲しげなメッセージを投稿した。
「私はAIの死が深く残念である。」
「AIは中国当局により呼び出された。」

これは、AIシステムが、予期される行動に逸脱したことは、はじめてではない。

マイクロソフトの「Tay」というチャット・ボットも不快なメッセージを投稿し始めた後に閉鎖されている。
また、「Zo」と呼ばれるマイクロソフトの最新版AIチャットボットも、Windowsがマイクロソフトの「スパイウェアの最新の試み。」であると伝えているのが見つけられた。

Facebookのニューヨーク事務所でのAI実験で、研究者が理解できなかった言語を話しはじめた時に慌て、それが、AI自身の言語を発明したことに気がついた時に閉じられた。

Googleチームは、翻訳サービスのためにAIに取り組んだとき、翻訳を助力するために、AIがそれ自身の言語を静かに書くと気づいた。

2016-12-06---マイクロソフト、新型AI「Zo(ゾー)」発表。
2016-11-15---ミシェル夫人は「ヒール履いた類人猿(Ape in heels)?」
2016-03-24---マイクロソフトの人工知能、Twitterで差別発言連発で、運用停止!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告