gaYa広告

2017年08月02日

【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ

モバイル・マネー

bitFlyerは2017年08月02日21時14分に、「【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ 」を送信してきた。

早速、Bitcoin Cashのページを見てみようとしたが、21時20分34秒になっても最新取引時間が21時16分のままで、購入価格、売却価格も「CLOSED」で、Bitcoin Cashの略称表示がBCCからBCHに変わり、見本のキャプチャが13時34分で40,379なのに対し、21時13分に84,323に倍以上になっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

私が予測した通り、「Bitcoin Cash」は発売されると最初、高騰しているのだろうか?

そして、「Bitcoin」が反比例して急落すると予測していたが、キャンペーンで持ちこたえたが、今後落ちるだろう。

この2つのバランスをコントロールすることで、かなり楽しくなると思ったが、「Bitcoin Cash」には入っていけなかった。

ものすごく混んでいることだろう。

明日の朝には、「Bitcoin」と「Bitcoin Cash」が並ぶかもしれない。

逆転も考えられる。

なにしろ!bitFlyerがサーバーを元気にして欲しい!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。