gaYa広告

2017年07月18日

PaytmはロイヤリティAppの統合を目標に投資。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、インドのモバイル支払いプロバイダPaytmは、未公開の金額を広告会社MobiQuestモバイルテクノロジーに投資し、その焦点が商店に合わせられたサービスの範囲を拡張するために後者のロイヤリティ製品を使用するために設定されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

会社ブログで、消費者のための両方のモバイル財布とQR-コード基づいた支払機関をインドの500万人の小売店に供給するPaytmは、タイアップが、顧客を増大させるために、企業顧客データ分析とモバイル・マーケティングに使用することを可能にすると言った。

MobiQuestはモバイル広告とロイヤリティ・テクノロジーをブランドと小売店に売る。

Paytmのため広げられるようにサービスが設定したそのm-ロイヤリティ・プラットフォーム()は、販売テクノロジーのポイントと接続するロイヤリティAppを含み、購入データを収集し、広告を押すことを許す。

Paytm VPノスダハンシュ・グプタ(Sudhanshu Gupta)は「昨年の間、私達は、PaytmのQRコード基づいた支払い解決を持つ私達の組んだオフラインマーチャントを使用可能にした。次のフェーズにおいて、私達は、彼らが増分の販売と収益を動かすことを手助けするツールでそれらを可能にすることをめざす。MobiQuestを持つ私達のパートナーシップは、私達がモバイルベースの忠誠プログラムを提供することを手助けする。」と言った。

MobiQuestのCEOビネット・ナラン(Vineet Narang)は、「私達は、Paytmによってプラットフォームの莫大な消費者ベースと組み、てこ入れすることに興奮している。」と追加した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。