on-the-time.jp

2017年07月18日

PaytmはロイヤリティAppの統合を目標に投資。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、インドのモバイル支払いプロバイダPaytmは、未公開の金額を広告会社MobiQuestモバイルテクノロジーに投資し、その焦点が商店に合わせられたサービスの範囲を拡張するために後者のロイヤリティ製品を使用するために設定されたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

会社ブログで、消費者のための両方のモバイル財布とQR-コード基づいた支払機関をインドの500万人の小売店に供給するPaytmは、タイアップが、顧客を増大させるために、企業顧客データ分析とモバイル・マーケティングに使用することを可能にすると言った。

MobiQuestはモバイル広告とロイヤリティ・テクノロジーをブランドと小売店に売る。

Paytmのため広げられるようにサービスが設定したそのm-ロイヤリティ・プラットフォーム()は、販売テクノロジーのポイントと接続するロイヤリティAppを含み、購入データを収集し、広告を押すことを許す。

Paytm VPノスダハンシュ・グプタ(Sudhanshu Gupta)は「昨年の間、私達は、PaytmのQRコード基づいた支払い解決を持つ私達の組んだオフラインマーチャントを使用可能にした。次のフェーズにおいて、私達は、彼らが増分の販売と収益を動かすことを手助けするツールでそれらを可能にすることをめざす。MobiQuestを持つ私達のパートナーシップは、私達がモバイルベースの忠誠プログラムを提供することを手助けする。」と言った。

MobiQuestのCEOビネット・ナラン(Vineet Narang)は、「私達は、Paytmによってプラットフォームの莫大な消費者ベースと組み、てこ入れすることに興奮している。」と追加した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。