2017年07月26日

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

超過去宗教戦争と平和

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

2,600年より前まで遡る時代になっている構造は、炭化した木材、ブドウの種、陶器、魚の鱗、骨、穀物や液体を保管するのに役立った数十の保存用壷を含むユニークで、まれな人工物などの多くの発見を明らかにしている石の崩壊したレイヤーによりすっぽり覆われた後に発掘された。

このことは、聖書にも登場し、レバノンなどで多く語られて来たとことである。

歴史的に語られ、まだ発掘されていないものが、無数にある。
そのどれも、見つかれば大発見になる!

しかし、無数に未発掘の場所が残っている。

ここからレバノンのトリポリまでは、戦場であった。

ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park)の緯度、経度
31°46'25.0"N 35°14'08.0"E
または。
31.773611, 35.235556

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。